つわり中の仕事がつらい。休む目安や診断書のもらい方|看護師監修

つわり中の仕事がつらい。休む目安や診断書のもらい方|看護師監修

公開日:2019-09-02 | 更新日:2019-12-12

つわりがきつい・・・。
仕事にならない、休みたい・・・。

つわりで仕事を休んでいいの?仕事を休んだ方がいい症状の目安や、診断書のもらい方を解説してもらいました。


監修者

医療法人 小田原博信会 久野銀座クリニック

看護師
細野理恵

仕事を休むべき「つわりの症状」

「こんなときは仕事を控えたほうがいい」というつわりの症状を教えてください。
ママ(困り顔)
女性
こんな症状が出る場合は、仕事に行くのは控えましょう。
<仕事を休んだほうがいいつわりの症状>
  1.  嘔吐を繰り返す場合
  2. 水も食事も摂ることができない場合。
  3. 脱水状態になり、めまいや頭痛を起こしている場合。
  4. 乏尿、皮膚の乾燥、動悸等の症状が現れた場合。
  5.  体力が低下してフラフラ状態の場合。
  6. 体重が5kg以上減ってしまった場合。
  7. 極度の倦怠感がある場合。
  8. 冷や汗が止まらない場合。

あげた症状以外でも、つわり中のママの無理は禁物です。
「仕事を休めない・・・」と無理をして仕事を続けると、発育不全による早産や低体重発育、最悪の場合、流産のリスクもあります。

どれくらいの期間、仕事を休むべき?

仕事は休んでもいい?

つわりがひどい場合、仕事を休んでもいいですか?
ママ
女性
全てのママに、「つわり休暇」が認められています。

男女雇用機会均等法により、妊娠または出産後に健康診査や保健指導を受けた女性が、医師か助産師さんに、つわりがひどく仕事を休むようにと指導があった場合、勤務先に休暇制度がなくても休暇を取得できることになっています。

どれくらいの期間休む?

特に気をつけるべき期間はありますか?
ママ
女性
安定期に入る4ヶ月(15週)までは無理をしない方がよいです。

細かくいうと、妊娠12週までは特に流産リスクは高く(胎児側の原因も含め)、13週を過ぎたあたりからリスクは減っていきます。

つわりのはいつまで続く?

女性
つわりの時期には個人差がありますが、一般的には
【妊娠4~6週ころ】つわりが始まる
【妊娠7~12週ころ】つわりのピーク
【妊娠12~16週頃】つわりが治まってくる
というケースが多いようです。

つわりは一過性のもので、自然に消えていきます。ただし、長い方は、妊娠16週を過ぎてもつわりが続くケースもあります。

つわりの症状には個人差があります。つわりのつらさを示す尺度がありません。
そのため、どれくらいの期間仕事を休むべきかについては、妊婦ひとりひとりの症状や、会社との話し合いにより決めるケースが多いです。

つわりの診断書のもらい方

つわりで診断書を書いてもらうことはできますか?
ママ(困り顔)
先生(男性)
つわりで診断書を書いてもらうことはできます。

また、「母性健康管理指導事項連絡カード」という、診断書と同じ効力を持つカードもあります。
女性労働者から、勤務先にこのカードが提出された場合は、カードに記載された内容に応じた措置を講じる必要があると定められています。

診断書は何科でもらえますか?
ママ
女性
産婦人科を受診して相談してください。

「診断書」も「母性健康管理指導事項連絡カード」も医師の診断結果により判断されるため、かかりつけの医師と相談してください。

つわり以外の診断書の出る症状

つわり以外でも、妊娠中に診断書があります。

妊娠悪阻

一日の中で何度も嘔吐を繰り返す(胃液、血液が混ざった嘔吐)、脱水状態、食べ物が摂取できない、頭痛、めまい等の脳障害、肝機能障害等が現われる。

妊婦貧血

血液中の赤血球数もしくは血色素量が相対的に減る状態。
動悸、息切れ、脱力感、立ちくらみ、顔色が悪い等の症状が現れる。

妊娠高血圧

最高血圧が160mmHg以上または最低血圧110mmHg以上の場合。

切迫流産

妊娠22週未満で流産を起こしそうになっている状態。
下腹部痛、下腹部の張り、出血、褐色のおりもの等が徴候として現われる。

切迫早産

妊娠22週以降で早産しそうになっている状態。
下腹部痛、下腹部の張り、破水などが徴候として現れる。

上記のような症状が出ていても、症状や状態によっては、診断書が出ない場合もありますので、担当医師等とよく相談してください。
また、勤務先から休業期間を決められる等、会社側の意向に合わせた診断書の提出を要求されるケースもあります。

参考
母性健康管理指導事項連絡カードについて|妊娠・出産をサポートする-厚生労働省委託 母性健康管理サイト
https://www.bosei-navi.mhlw.go.jp/renraku_card/
女性労働者の 母性健康管理のために - 厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/bunya/koyoukintou/seisaku05/pdf/seisaku05a.pdf
妊娠中の症状等に対応する措置 - 厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/bunya/koyoukintou/seisaku05/pdf/seisaku05i-03.pdf


監修者

医療法人 小田原博信会 久野銀座クリニック

看護師
細野理恵

妊娠中のプレママ向け「お得」サービス
総合予約サービス「EPARK」の子育て割の会員(無料)に登録すると

・エステやボディケアが50%オフ
・美容室が2,000円オフ
等の10以上の特典が利用可能になります。

※特典内容は変更になることがあります。
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション)

貴重なご意見をありがとうございます
kosodate LIFE(子育てライフ)はよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

Ranking
ランキング

Tag
タグ