専業主婦とワーママどっちが大変?お互いの「羨ましい」ところは?本音を聞いてみた

専業主婦とワーママどっちが大変?お互いの「羨ましい」ところは?本音を聞いてみた

公開日:2019-06-27 | 更新日:2020-05-29

専業主婦とワーキングマザー。どっちのママも、それぞれ大変とわかっていても、たまに羨ましく感じる…。
なんてことはありませんか?

また、子育てが落ち着いてきて、「仕事をはじめようかな」迷っている専業ママの方にとっても「ワーママになるか、このまま専業主婦を続けるか」は人生を左右する重大な選択です。

この記事では専業主婦のママと働くママ、それぞれの本音を聞いてみました。


専業主婦に質問「働くママは羨ましい?」

まず、専業主婦のママにワーキングマザーの方への思いを聞いてみました!

専業主婦

  • 働くママは羨ましい?
1位 少しうらやましい 36%
2位 どちらともいえない 31%
3位 大変うらやましい 15%
4位 あまりうらやましくない 12%
5位 全然うらやましくない 6%

「うらやましい」と回答したママは51%。
約半分の専業主婦の方が「マーキングマザーがうらやましい」と感じているアンケート結果となりました。

それぞれの理由を聞いてみました。

働くママが羨ましい3つの理由

  • 金銭的余裕がありそう
ママ
金銭的な余裕があると思う。いきいきできそう。ハリが出そう。社会性が養われる。
(9歳・男の子のママ)
ママ
家事との両立で大変だろうけど、自由になるお金があるというのがやはりうらやましい!
(8歳、6歳、3歳・男の子のママ)

一番多かったのが、「金銭的余裕がありそう」という答えでした。

  • 子どもと離れた”自分の時間”がありそう
ママ
子どもと離れて自分の時間がある。
(9歳・男の子、5歳・女の子のママ)

小さい子どもを育てる専業主婦の方の中には「子どもとずっと一緒で、一人の時間がほとんどない」ことがストレスになっているママも多いようです。

  • 社会との関わりを持ち、イキイキしている
ママ
働いているママは、やっぱり身なりもキレイにしているし、いきいきしている。すてきだなって思います。
(5歳、3歳・男の子のママ)

「保育園に入れられず、働きたくても働けない…」というママからは、バリバリ働きながら家庭の外の世界とかかわりをもつワーキングマザーが輝いて見えるという声もありました。

専業主婦ママのメリット

反対に、「専業主婦でよかった!」と思うポイントも聞きました。

  • 子どもと一緒の時間がとれる
ママ
子どもが小さいうちは一瞬なのでその一瞬を一緒に過ごしたいから今は働きたいと思わないしうらやましいとも思わない。
(4歳・女の子、2歳・男の子のママ)
ママ
子育てに専念したいから。
(3歳・男の子のママ)

一番多かったのが「子どもが成長する一瞬のときを一緒に過ごせる」という答えでした。
では逆に、専業主婦をうらやましいと感じているワーキングマザーは、どれくらいいるのでしょうか。 

働くママに質問「専業主婦はうらやましい?」

働くママに専業主婦の方への思いを聞いてみました!

ワーママ

1位 どちらともいえない 38%
2位 少しうらやましい 22%
3位 あまりうらやましくない 18%
4位 大変うらやましい 11%
4位 全然うらやましくない 11%

うらやましいと思っているのは33%。
専業主婦の結果(51%)に比べると、だいぶ少ない結果になしました。

専業主婦が羨ましい2つの理由

  • 子どもと一緒の時間がとれる
ママ
子どもとずっと一緒にいられるのはうらやましいと思う。
(2歳・女の子のママ)
ママ
自由な時間がたくさんあるので。子どもとゆっくり過ごせる。
(9歳、7歳・男の子のママ)

うらやましい理由で圧倒的に多かったのは、やはり「子どもとゆっくり過ごせる時間がある」ということでした。

  • 体力と時間に余裕がありそう
ママ
毎日目が回りそうなくらい忙しいしストレスがたまる。
(1歳・女の子のママ)
ママ
今は働いていてもPTAの役員などは必ず回ってくる。とても忙しすぎてきつい。働いていなければ多少はそれに時間が取れそう。ワーママだと睡眠を削るしかないので体がきつい。
(7歳・男の子のママ)

ワーママにとって、家庭と仕事の両立は、体力的にも精神的にも大変なようです。

働くママのメリット

  • 働く楽しさ
ママ
くことで、自分自身が輝いていられるから。家族も応援してくれている。
(5歳・女の子、3歳・男の子のママ)
ママ
仕事をしているおかげで気持ちに余裕ができ、子どもにもやさしくできる。
(3歳・男の子のママ)

うらやましくないと回答した方の中には、「仕事が好き!」「両立は大変だけれど働いていることが自分にとって重要」だと感じている方が多くいました。

専業主婦とワーママのそれぞれメリット

専業主婦の方からは
・金銭的余裕がありそう
・社会との関わりを持ち、イキイキしている

働くママからは
・子どもと一緒の時間がとれる
・体力と時間に余裕がありそう

とそれぞれに対する「羨ましい」という声が多くあがりました。また「自分だけがゆっくりできる時間の余裕がなかなかない」というのは両者の共通のようでした。

ママ

どうしても忙しくなるママ業。「専業主婦とワーママ、どっちがいいんだろう?」と迷っている方は、ご自身が何を優先したいかどんなライフスタイルが理想かを思い描いてみてはいかがでしょうか。

みなさんのママライフが、ハッピーでありますように。


ママ・パパの夕飯作りの救世主!
オイシックス

自慢の野菜やミールキットが
なんと50%オフ!

楽しておいしい、家族も喜ぶ、Oisixのおためしセットが、初めての方限定でお得価格でお届けします。

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション)

貴重なご意見をありがとうございます
kosodate LIFE(子育てライフ)はよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

Ranking
ランキング

Tag
タグ