幼児の嘔吐|受診目安は?お医者さんに伝えるべきポイントも【医師監修】

幼児の嘔吐|受診目安は?お医者さんに伝えるべきポイントも【医師監修】

公開日:2020-06-01 | 更新日:2020-09-10

子どもが嘔吐!
病院行くべき?行かなくてもいい?

お医者さんに、幼児の嘔吐の受診目安を解説します。
病院を受診した際に「親が説明するべきポイント」についても紹介します。

小児科を探す


武井智昭 先生

監修者

高座渋谷つばさクリニック

院長
武井智昭 先生

経歴

公益社団法人 日本小児科学会 小児科専門医

2002年 慶應義塾大学医学部を卒業
2002年 慶應義塾大学病院 にて小児科研修
2004年 立川共済病院勤務
2005年 平塚共済病院小児科医長として勤務
2010年 北里大学北里研究所病原微生物分子疫学教室勤務
2012年 横浜市内のクリニックの副院長として勤務
2017年 「なごみクリニック」の院長として勤務
2020年 「高座渋谷つばさクリニック」院長就任

一旦、自宅で様子をみてもOK

  • 1回嘔吐した後、元気に動き回っている
  • 咳をしたと同時に1回だけ嘔吐
  • 食べたものをそのまま吐いた
  • 発熱がなく、尿もでている

喉に食べ物、埃、ゴミなどがつまり取ろうとしての嘔吐や、咳をした刺激で嘔吐してしまうこともあります。また、小さな子どもは満腹なのに食べ過ぎてしまい、消化できなくて嘔吐するパターンもあります。

自宅ケアのポイント

先生(男性)
嘔吐した後に飲み物・食べ物をすぐに与えると、また吐いてしまうこともあります。

1~2時間は食事をせずに安静にして過ごしましょう。

吐き気がないようであれば、スプーン1さじ程度の少量から水分を取らせ、食欲があれば消化のよいものを少量ずつ与えて様子を見ましょう。

まだ吐き気が残っていて、吐きたそうにしたら抱き起こして背中をさすってあげましょう。

こんな嘔吐は、一度病院を受診!

  • 赤い色の嘔吐物
  • 嘔吐を繰り返して、ぐったりしている
  • 下痢を伴う
  • 発熱を伴う
  • 腹痛がひどくて眠れない
先生(男性)
このような場合、胃腸炎、虫垂炎(盲腸)、憩室炎などが考えられます。

嘔吐症状はお腹に有害な物質が入った証拠といえるケースが多いです。特に多いのは、冬に多い急性胃腸炎です。嘔吐と一緒に発熱、下痢などの症状があれば、急性胃腸炎を疑いましょう。

小児科を探す

自宅ケアのポイント

先生(男性)
いつ吐くかわからない場合は、上半身を起こし気味にして寝かせます。

顔は横向きにしましょう。
嘔吐物が鼻に入ったり、窒息したりする危険を回避します。

また、すぐに食事や水分を与えるとまた吐くことが多いので避けましょう。何度も吐かせると子どもは体力を消耗して疲れ果ててしまいます。

吐かなくなってから1時間程度様子を見て、少量ずつ(スプーン一杯程度から)水分補給をしましょう。

【注意】
仰向けに寝かせる、吐いた後一気に水分を与えるのはNGです。

こんな嘔吐は、救急で受診すべき!

  • 複数回嘔吐を繰り返し、吐き気がおさまらない
  • 水分が取れずに脱水症状が出ている
  • 吐いた後に意識がない
  • 我慢できないほどの腹痛
  • 冷や汗をかいている
  • 嘔吐後に痙攣
  • 高熱・頭痛があり、嘔吐しぐったりしている

食中毒、胃腸炎による脱水状態、髄膜炎(細菌やウイルスが脳に侵入して炎症を起こしている)、虫垂炎(盲腸に発生する炎症。薬の治療や手術で治療する)、など多くの病気の可能性があり、早い治療が必要です。

受診時に、お医者さんに伝えること

病院

先生(男性)
①嘔吐した回数
②嘔吐した内容物
③いつから症状がでているか
を伝えてください。

また、他に症状があれば伝えてください。(発熱や下痢など)
下痢があれば、下痢の状態も説明できるとよいでしょう。

市販の「吐き止め薬」の使用に注意

先生(男性)
嘔吐するからといって、嘔吐止めの薬を安易に使用するのはおすすめしません。

嘔吐は、有害物質(感染した細菌やウイルスなど)を吐き出している状態です。嘔吐を無理に止めると、有害物質が体内にとどまり体調が快方に向かいにくくなります。

吐き気止めは、嘔吐が止まらないために脱水を起こしたり、眠れないなどのリスクを避ける際に使用します。悩む場合は、医師に相談しましょう。

小児科を探す

参考
子育てハッピーアドバイス小児科編の巻
http://www.happyadvice.jp/archives/118

武井智昭 先生

監修者

高座渋谷つばさクリニック

院長
武井智昭 先生

経歴

公益社団法人 日本小児科学会 小児科専門医

2002年 慶應義塾大学医学部を卒業
2002年 慶應義塾大学病院 にて小児科研修
2004年 立川共済病院勤務
2005年 平塚共済病院小児科医長として勤務
2010年 北里大学北里研究所病原微生物分子疫学教室勤務
2012年 横浜市内のクリニックの副院長として勤務
2017年 「なごみクリニック」の院長として勤務
2020年 「高座渋谷つばさクリニック」院長就任

お薬手帳「また忘れた」にサヨナラ!
お薬手帳

薬局で必ず聞かれる「お薬手帳はありますか?」

「つい忘れがち」「かさばって不便」というママ・パパには「EPARKお薬手帳」がおすすめ。
スマホひとつで家族全員のお薬を管理できます。

\今ならキャンペーン中/
【期間限定】お薬手帳アプリDL&ログインでEPARKリラク&エステで使える3,000円OFFクーポンプレゼント!

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション)

貴重なご意見をありがとうございます
kosodate LIFE(子育てライフ)はよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

Ranking
ランキング

Tag
タグ

幼児 小学生 0歳 1歳 妊娠中 新生児 妊娠中の体調不良 ストレス対策 妊娠初期 産後 子育て中 誕生日 料理やレシピ 2歳 妊娠後期(臨月) 初産 産後の体調不良 妊娠中の過ごし方 発熱 マンガ 旦那のこと 母乳育児 出産 産後の過ごし方 幼稚園 ワーキングマザー 下痢 妊娠の兆候 3歳 腹痛 2人目出産 ゴルシさおりさんの子育て漫画 ちとせ育児 マッマさんの「2歳差兄妹、育てるンゴwww」 産婦人科 予防接種 兄弟姉妹 赤ちゃん 発疹や湿疹 インフルエンザ 星田さんの「6さい差兄弟日記」 めめさんの「育児絵日記」 麦さんの「子育て絵日記」 さとうゆきさんの「育児漫画」 ようみん。さんの育児漫画 うえだしろこ「桃金兄弟と母の日常」 みそさんの「子育て漫画」 寝かしつけ 便秘 手足口病 出産の兆候 頭痛 時短テクニック 中耳炎 嘔吐 経産婦 水疱瘡 親のこと 貯金 勉強 ロタウイルス おしゃれママになろう とびひ おたふく風邪 風邪 おやまさんの「育児日記」 ぽぽこさんの「育児漫画」 あやのこうじさんの「育児漫画」 みかみかんさんの「育児漫画」 ヘアスタイル マイコプラズマ 出産の痛み 子供 着床出血 帝王切開 塩りさんの「もちごめ絵日記」 出産入院 つわり ダイエット ものもらい 結膜炎 陣痛 子連れのお出かけ 習い事 突発性発疹 RSウイルス 2人目育児 美容院 里帰り出産 掃除 鼻づまり コーディネート ママ友のこと イヤイヤ期 妊娠中期 おなら 痰がらみ 乳児湿疹 洗濯