手足口病の口内炎の治し方。いつまで続く?放置するリスクや病院の受診目安も

手足口病の口内炎の治し方。いつまで続く?放置するリスクや病院の受診目安も

公開日:2020-06-03 | 更新日:2020-09-10

「手足口病の口内炎がつらそう…」

早く治す方法なかなか治らない原因をお医者さんに聞きました。

手足口病は、免疫力が低下しているときにかかりやすくなります。また、何度も感染する病気です。病院へ行った方がいい症状もご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

小児科を探す


長谷川佳子 先生

監修者

小田原銀座クリニック

長谷川佳子 先生

経歴

2012年 北里大学医学部医学科卒業
2012年 横浜市立大学附属病院 初期臨床研修医
2013年 横浜市立大学 市民総合医療センター 初期臨床研修医
2014年 横浜市立大学附属病院 形成外科 入職
2015年 藤沢湘南台病院 入職
2016年小田原銀座クリニック 美容皮膚科

形成外科、美容皮膚科、皮膚科、外科など様々な分野を担当。
小田原銀座クリニックでは、患者さんが気楽に相談でき、しっかりと満足いく診療メニューを提案する。学会、大学病院、研究施設などへの積極的なアプローチ発表など常に最善の手を尽くすべく研究を行うことが最大の特長。
女性目線で、きめ細やかなケアと笑顔で診療することを心がける。
執筆を通し、様々な経験に基づいた根拠ある情報の提供を行う。

子どもはつらい!手足口病の口内炎

先生(女性)
手足口病で口内炎になると、食べ物がしみます。
喉の炎症も同時にあるため、噛む、飲み込むといった作業がつらくなります。

お腹は空くのに、食べ物や飲み物を口の中に入れるのもつらくなります。

手足口病は、熱がでることは少なく、体は元気なことは多いので、飲食の制限だけがあるのは子どもにとってつらいことです。

早く治してあげたい!

先生(女性)
早く治すためには、安静にしてゆっくりと体力を回復させましょう。

無理に登園・登校すると体力が落ち、症状が長引く原因となります。

食べられない、飲めないときの食事

おかゆ

 

先生(女性)
薄味の食事がよいでしょう。

消化によいおかゆ・うどんがよいでしょう。
プリンゼリーなども、欲しがれば食べさせてあげましょう。脱水症状を避けられます。

避けた方がよい食事

ビタミンC

先生(女性)
柑橘系の果物や酸っぱい食べ物は、口内炎にしみやすくなります。

特に、みかんやグレープフルーツは口内炎にしみやすい果物です。

硬い食べ物や刺激物(香辛料、塩辛いもの、お酢、わさびなど)も口内炎に当たって痛いので避けましょう。

市販薬は使ってもいい?

先生(女性)
年齢に合った市販薬であれば使用は可能です。

口内炎の炎症を抑える市販薬も販売されています。手足の発疹のかゆみ止めには、抗ヒスタミン薬配合のものを使用するとよいでしょう。

※ただし市販薬を使用して症状に変化がない・もしくは悪化しているといった場合、使用を停止して病院の受診をしましょう。

いつ治るの?

先生(女性)
通常、1週間程度でよくなるでしょう。

なかなか治らない場合は、免疫低下が考えられます。栄養補給をして体を休ませましょう。

こんな症状なら病院へ

受診

先生(女性)
・元気がない
・ぐったりしている
・水分をとれない
・呼吸が苦しそう
・意識レベルが低下している
といった場合は、病院を受診しましょう。

口内炎がつらい場合は、炎症止めの軟膏などが処方されます。口内炎に直接塗って、炎症を抑え楽にしてくれます。

何科を受診?

先生(女性)
小児科を受診しましょう。

小児科を探す

歯みがきの注意点

赤ちゃん 歯磨き

先生(女性)
歯磨きを行う際は、口内炎に触らないように優しく行います。
歯磨き粉がしみるようであれば、しみなくなるまで使用を控えましょう。

ブラッシングを丁寧に行えば、歯磨き粉がなくても虫歯は予防できます。

また、虫歯予防の視点から見ると、歯磨きがつらいときは、食後にすぐうがいをさせる口の中を乾燥させないということを行うのもおすすめです。

特にお菓子、ゼリーやプリンを食べた後には、歯磨きかうがいを行うようにしましょう。口内炎がよくなるまで意識して虫歯予防を行うようにしてください。

参考
NIID国立感染症研究所 手足口病とは
https://www.niid.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/441-hfmd.html

長谷川佳子 先生

監修者

小田原銀座クリニック

長谷川佳子 先生

経歴

2012年 北里大学医学部医学科卒業
2012年 横浜市立大学附属病院 初期臨床研修医
2013年 横浜市立大学 市民総合医療センター 初期臨床研修医
2014年 横浜市立大学附属病院 形成外科 入職
2015年 藤沢湘南台病院 入職
2016年小田原銀座クリニック 美容皮膚科

形成外科、美容皮膚科、皮膚科、外科など様々な分野を担当。
小田原銀座クリニックでは、患者さんが気楽に相談でき、しっかりと満足いく診療メニューを提案する。学会、大学病院、研究施設などへの積極的なアプローチ発表など常に最善の手を尽くすべく研究を行うことが最大の特長。
女性目線で、きめ細やかなケアと笑顔で診療することを心がける。
執筆を通し、様々な経験に基づいた根拠ある情報の提供を行う。

お薬手帳「また忘れた」にサヨナラ!
お薬手帳

薬局で必ず聞かれる「お薬手帳はありますか?」

「つい忘れがち」「かさばって不便」というママ・パパには「EPARKお薬手帳」がおすすめ。
スマホひとつで家族全員のお薬を管理できます。

\今ならキャンペーン中/
【期間限定】お薬手帳アプリDL&ログインでEPARKリラク&エステで使える3,000円OFFクーポンプレゼント!

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション)

貴重なご意見をありがとうございます
kosodate LIFE(子育てライフ)はよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

関連タグ

Ranking
ランキング

Tag
タグ

幼児 小学生 0歳 1歳 妊娠中 新生児 妊娠中の体調不良 ストレス対策 妊娠初期 産後 子育て中 誕生日 料理やレシピ 2歳 妊娠後期(臨月) 初産 産後の体調不良 妊娠中の過ごし方 発熱 マンガ 旦那のこと 母乳育児 出産 産後の過ごし方 ワーキングマザー 幼稚園 下痢 腹痛 2人目出産 妊娠の兆候 3歳 みそさんの「子育て漫画」 ちとせ育児 マッマさんの「2歳差兄妹、育てるンゴwww」 産婦人科 赤ちゃん 予防接種 兄弟姉妹 星田さんの「6さい差兄弟日記」 ゴルシさおりさんの子育て漫画 寝かしつけ 発疹や湿疹 インフルエンザ めめさんの「育児絵日記」 麦さんの「子育て絵日記」 さとうゆきさんの「育児漫画」 ようみん。さんの育児漫画 うえだしろこ「桃金兄弟と母の日常」 便秘 手足口病 出産の兆候 頭痛 時短テクニック 中耳炎 嘔吐 経産婦 水疱瘡 親のこと 貯金 勉強 ロタウイルス おしゃれママになろう とびひ おたふく風邪 風邪 おやまさんの「育児日記」 ぽぽこさんの「育児漫画」 あやのこうじさんの「育児漫画」 塩りさんの「もちごめ絵日記」 みかみかんさんの「育児漫画」 出産の痛み マイコプラズマ ヘアスタイル 子供 着床出血 陣痛 出産入院 つわり ダイエット ものもらい 結膜炎 帝王切開 鼻づまり 掃除 突発性発疹 RSウイルス 2人目育児 美容院 里帰り出産 子連れのお出かけ 習い事 コーディネート ママ友のこと イヤイヤ期 妊娠中期 おなら 痰がらみ 乳児湿疹 洗濯