出産する産婦人科の選び方|後悔しない11ポイント&先輩ママの体験談

出産する産婦人科の選び方|後悔しない11ポイント&先輩ママの体験談

公開日:2020-04-15 | 更新日:2020-09-10

そろそろ産婦人科を決めたい!
どんな産婦人科がいいんだろう?

先輩ママ50人に「産婦人科選びのポイント」を聞きました。
失敗&成功体験談も必読です。


どう違う?産婦人科の種類

先輩ママ50人に、出産した産婦人科を聞いてみると…。

アンケート

(アンケート:「出産した産婦人科はどこですか?」先輩ママ50人に聞きました)

半数の方が個人病院で出産をしていました。
次いで多かったのが、総合病院という結果に。少数派ですが、大学病院助産院というママも。

それぞれの産婦人科の違い、メリットを紹介します。

個人病院

診察科目は、産婦人科がメイン。お医者さんの数や設備の充実度は総合病院よりは少ないことが多いです。
同じお医者さんにずっと診てもらえるというメリットがあります。また、総合病院に比べ、費用が安く済むことが多いです。

総合病院

産婦人科以外に、多数の診察科目が併設されており、お医者さんの数やベッド数などの設備が充実していることが多いのが総合病院。
持病がある方でも対応できる場合があります。また、内科や小児科も併設されているため、分娩時に何かあったとき、すぐに対応してもらうことが可能です。

大学病院

総合病院と同じく、お医者さんの数が多く、設備が充実している大学病院。
内科・小児科など、診療科目も多いため、緊急時にスムーズに対応してくれることがあります。

助産院

助産師さんが入院から出産までをサポートをしてくれる助産院。お医者さんがいないため、医療行為は行えません。

アットホームな雰囲気なところが多く、妊娠中から親身なフォローを受けられます。「自然な方法で出産したい」といった希望を叶えてくれることも。費用が安いというメリットもあります。

どうやってリサーチした?

先輩ママが産婦人科を選ぶとき、どのように調べたのでしょうか。
決め手になった情報を、どこから得たのか聞いてみると…?

アンケート

(アンケート:「産婦人科を選んだとき、どの方法で調べましたか?」先輩ママ50人に聞きました)

”決め手”として一番多かったのが、友達など知り合いからの口コミでした。
身近な人からの情報だと信頼感もありますよね。

WEBの情報で下調べした上で、友達や知り合いから「あの産婦人科、よかったよ!」とおすすめされたところに決めるというケースも多いようです。

先輩ママが「重視してよかった」ポイント

ナースと妊婦さん

産婦人科を選ぶときに、先輩ママが「重視してよかった5つのポイント」を紹介します。

1.「徒歩圏内で行ける」ところはイイ!

ママ
臨月になっても毎週通うことになります。
陣痛がきた時は少しでも早く病院に着きたいと思うので、家からの距離はとても重要だと思います。
(0歳の男の子のママ)

なにかあったときのことを考えても、病院に近いほうが安心ですよね。

2.「全室個室」はイイ!

ママ
全室個室だったこと。テレビも好きに見られるし、シャワーもトイレも清潔で気楽に過ごせたし、面会時間も気にしなくてよかった。
(2歳の女の子と4歳の男の子のママ)

上の子どもがいる場合、他の人の迷惑になりにくいというメリットをあげたママもいました。

3.「先生が親身になってくれる」ところはイイ!

ママ
先生や看護師さんが優しく親切なこと。産後の入院中、すごく気持ちが落ち込んで理由もないのに泣いてしまった時に優しく寄り添ってくれました。すごく心強くて、この産婦人科を選んで良かったなぁと実感しました。
(0歳と小学1年生の男の子のママ)

悩み・愚痴などを気軽に言えるような雰囲気を重視したというママも。

4.「入院中の食事がおいしい」ところはイイ!

ママ
私が出産した産院は、毎日、病院専属のシェフが料理を作ってくれ、お店で食べるような美味しいものばかりでした。1週間近く入院するので料理は大切です。
(1歳の男の子のママ)

毎日の楽しみのご飯は、やっぱり美味しいところがいいですよね。

5.「産後フォローがある」ところはイイ!

ママ
母乳育児をしたかったので、フォローをしっかりしてくれるかは非常に重要なポイントでした。BFHになっている病院かが判断基準でした。母乳育児をするなら、BFHである病院だと間違いなく、しっかりとした指導をしてくれ、産後フォローもしてくれるので、母子ともに安心です。
(4歳の女の子と小学1年生の男の子のママ)

産婦人科選びのためのチェックリスト

「どっちの産婦人科にしよう…。」と迷ったときに、こちらのチェックリストをお使いください。

妊婦さんひとりひとり、重視するポイントはそれぞれです。
自分が大事にしたいポイントはどれか、それをサポートしてくれる病院はどこか、しっかり見比べて決めるのがよいでしょう。

  •  家からの距離の近さ
  • 費用(分娩費用、入院費用)
  •  個室かどうか
  •  母子同室か
  •  分娩方法の種類(分娩方法を選べるか)
  •  立ち合いが可能か
  •  産後のケアをしてくれるか
  •  入院時の食事の評判
  •  病院内で行う教室があるか(母親学級、両親学級、マタニティヨガなど)
  •  先生や看護師さんの人柄
  •  出産で何かあったとき対応してもらえるか
ママ
私が重視したのは、無痛分娩ができるか、個室かどうか、立ち合いできるかどうか

出産時の痛みに不安を抱えて妊娠期間を過ごすより、無痛分娩を選べる可能性があった方が不安が少なくなると思います。主人も立ち合いのもと出産できたので、主人にとっても思い出になったし、個室の方が周りを気にせずゆっくり休めてよかったです。
(3歳の女の子のママ)

【失敗談】先輩ママの産婦人科選び

お金

産婦人科選びで「失敗したな…」と思うことを聞いてみました。
産婦人科を選ぶ際の参考にしてくださいね。

費用が想像以上にかかった

ママ
金額を想定していなかった。
緊急搬送で仕方がないが、分娩の費用が高かった。もし、搬送されるような可能性があるのなら、もっと調べておけばよかったと思う。手出し20万ほど支払ってもちろんマイナスです。個人病院のほうがやっぱり安い。
(2歳と4歳の男の子のママ)

緊急時にかかる費用についても事前に聞いておきましょう。

入院日数が少なかった

ママ
私が出産した産婦人科の病院は、他の病院よりも入院日数が1日少なかったです。産まれたばかりの赤ちゃんのお世話は大変です。退院したらお母さんはほとんど寝れません。1日でも多く入院できるところをお勧めします。
(1歳の男の子のママ)

【成功談】先輩ママの産婦人科選び

病院

先輩ママの「産婦人科選びの成功談」を紹介します。

少し高くても評判のいい病院を選んだ

ママ
少し費用がかさむが、地域では評判のよい産院を選びました。ですが入院食はおいしいし、スタッフの方の細やかな気配りがとても嬉しく、幸せな産後の時間を過ごすことができました。
(0歳の女の子のママ)

母乳かミルク育児か選べてよかった

ママ
母乳育児推しの産院もありますが、私の産院はミルクでも母乳でもどちらでも良いという方針でした。私自身、母乳があまり出なかったので、産後からミルクを与えても良いというのはとても助かりました。
(3歳の男の子と6歳の女の子のママ)

手厚いケアをしてもらえた

ママ
個人病院だったので、妊婦さんの人数がすくなく、手厚くケアしてもらえてありがたかったです。先生がおおらかな人だったので、過剰に不安にならずに出産までの日々を過ごすことができました。良い病院を選べたと思います。
(1歳の女の子のママ)

自分に合ったベストな産婦人科を選んで、安心して出産を迎えられるように準備しましょう。

産婦人科を探す


葉酸だけじゃ…ない!
ベルタ

「葉酸とっておけば大丈夫?」
「必要な栄養まとめて摂りたい!」

妊娠前~産後までに必要な栄養素をギュッと凝縮

99%の先輩ママがリピート(※)した葉酸サプリ「BELTA(ベルタ)」。公式ショップからならお得にご購入できます!

※葉酸を購入されたお客様が2回以上リピート呼応乳された率(n=1806)2020/5/1~5/31当社調べ

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
不正確な箇所についてのご指摘
※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。

貴重なご意見をありがとうございます
kosodate LIFE(子育てライフ)はよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

関連タグ

Ranking
ランキング

Tag
タグ

幼児 小学生 0歳 1歳 妊娠中 新生児 妊娠初期 妊娠中の体調不良 ストレス対策 料理やレシピ 産後 子育て中 2歳 誕生日 おもしろ話・笑える話 妊娠後期(臨月) 初産 旦那のこと 妊娠中の過ごし方 産後の体調不良 母乳育児 発熱 簡単レシピ レシピ ゴルシさおりさんの子育て漫画 ちとせ育児 マッマさんの「2歳差兄妹、育てるンゴwww」 ワーキングマザー 2人目出産 出産 めめさんの「育児絵日記」 さとうゆきさんの「育児漫画」 ようみん。さんの育児漫画 みそさんの「子育て漫画」 星田さんの「6さい差兄弟日記」 産後の過ごし方 赤ちゃん うえだしろこ「桃金兄弟と母の日常」 家事のコツ 幼稚園 親のこと 下痢 妊娠の兆候 3歳 腹痛 兄弟姉妹 寝かしつけ 発疹や湿疹 予防接種 みかみかんさんの「育児漫画」 あやのこうじさんの「育児漫画」 便秘 インフルエンザ 麦さんの「子育て絵日記」 おやまさんの「育児日記」 塩りさんの「もちごめ絵日記」 ぽぽこさんの「育児漫画」 手足口病 頭痛 出産の兆候 産婦人科 水疱瘡 乳児湿疹 嘔吐 中耳炎 貯金 SNSまとめ 経産婦 子どもの思い出保存 義実家 収納術 勉強 つわり おしゃれママになろう ロタウイルス とびひ おたふく風邪 2人目育児 時短テクニック 風邪 産休・育休 出産入院 マイコプラズマ 着床出血 出産の痛み ヘアスタイル ファッション 陣痛 鼻づまり 習い事 妊娠中期 時短レシピ 子連れのお出かけ 突発性発疹 RSウイルス 美容院 里帰り出産 イヤイヤ期 帝王切開