子どもの肘・膝のブツブツ・ザラザラ|自然に治る?病院に行くべき?

子どもの肘・膝のブツブツ・ザラザラ|自然に治る?病院に行くべき?

公開日:2020-08-03 | 更新日:2020-09-10

子どもの肘・膝の外側のブツブツが治らない…。

どうすれば治るの?
皮膚科を受診するべき?
お医者さんに「どう対処すればいいのか」を聞きました。


長谷川佳子 先生

監修者

小田原銀座クリニック

長谷川佳子 先生

経歴

2012年 北里大学医学部医学科卒業
2012年 横浜市立大学附属病院 初期臨床研修医
2013年 横浜市立大学 市民総合医療センター 初期臨床研修医
2014年 横浜市立大学附属病院 形成外科 入職
2015年 藤沢湘南台病院 入職
2016年小田原銀座クリニック 美容皮膚科

形成外科、美容皮膚科、皮膚科、外科など様々な分野を担当。
小田原銀座クリニックでは、患者さんが気楽に相談でき、しっかりと満足いく診療メニューを提案する。学会、大学病院、研究施設などへの積極的なアプローチ発表など常に最善の手を尽くすべく研究を行うことが最大の特長。
女性目線で、きめ細やかなケアと笑顔で診療することを心がける。
執筆を通し、様々な経験に基づいた根拠ある情報の提供を行う。

治らない肘・膝の外側のブツブツの正体

先生(女性)
角質が厚くなっているのが主な原因と考えられます。「角質肥厚」とも呼ばれます。

膝や肘は、体の動きに伴って、よく摩擦を受ける部分です。特に子どもは、膝をこすって遊んだり、肘を何かに擦ったりしても平気で遊び続けます。また、体操や運動競技で膝をついて続ける運動もあるでしょう。そのような負荷が肘や膝に長くかかると角質が厚くなり、肘やかかとを守ります。
ブツブツしているのは毛穴の部分が特に角質が厚くなっているからでしょう。

自然に治る?

放置しておいても、自然に治りますか?
ママ
先生(女性)
徐々に、外遊びが減って肘や膝をこすらなくなれば自然に柔らかく戻ることもあります。

ただし、活発で外遊びが得意だったり、スポーツをしているといった場合は、なかなか自然には皮膚は柔らかくならないでしょう。
角質が厚くなると乾燥して、粉を吹いたり(古い角質が剥がれかけている状態)、ひび割れを起こしたりすることがあります。

ぶつぶつの「ケア方法」

STEP1.お風呂で温め、泡でやさしく洗う

先生(女性)
膝や肘の角質が厚くなっている場合は、入浴時に体をよく温めて洗浄しましょう。

古い角質が取れやすくなります。この際に無理に擦り洗いをすると必要な角質まで剥がれてしまうので、泡立てた石鹸をのせた手で洗浄しましょう。

STEP2.保湿剤を塗り込む

先生(女性)
入浴後は、優しくタオルで水分を拭き取り、保湿剤を塗り込みます。

角質を柔らかくする尿素配合の保湿剤や、サリチル酸配合のワセリンなどで皮膚を保護しましょう。

STEP3.1日2~3回保湿剤を塗る

先生(女性)
角質が硬くなっている場合は、入浴後に限らず、日中でも保湿剤を日に2、3回ほど塗り直して丁寧に保湿をしましょう。

STEP4.治らない場合は、皮膚科で保湿剤を処方してもらう

先生(女性)
皮膚科で保湿剤がもらえます。

市販のものであまり皮膚状態が変わらない場合は、皮膚科に相談して保湿剤をもらいましょう。※医師の指示がある場合は、そちらに従ってください。

皮膚科を探す

子どもの場合、ケアをしていても、日常的に摩擦や刺激を加えるので、柔らかくなるのに時間がかかることもあると考えられます。しかし、ケアを続けていくと必ずよくなるので根気よく続けてください。

病院で治療したほうがいい?

先生(女性)
古い角質が固まってしまい、ひび割れを起こしている状態であれば、病院で治療を受けた方が早く快方に向かいます。

痛みを感じている場合も痛み止めや炎症止めの処方薬をもらい、早めにケアをしましょう。また、関節部の内側がガサガサして赤みやかゆみがある場合はアトピー性皮膚炎など別の疾患も対象となるので、気になる際には早めに受診して下さい。

市販の保湿剤やクリームは、病院で処方されるものよりも保湿の働きが低いものが多いのが現状です。医師に皮膚状態を確認してもらい、必要な薬を使用すればそれだけ早く皮膚状態はよくなります。

病院は何科?

先生(女性)
皮膚科でも小児科でも見てもらえますが、より専門的に直したい場合は皮膚科を受診しましょう。
参考
公益社団法人 日本皮膚科学会 皮膚科領域の薬の使い方 軟膏やクリームを塗る回数は何回?
https://www.dermatol.or.jp/qa/qa39/q02.html

長谷川佳子 先生

監修者

小田原銀座クリニック

長谷川佳子 先生

経歴

2012年 北里大学医学部医学科卒業
2012年 横浜市立大学附属病院 初期臨床研修医
2013年 横浜市立大学 市民総合医療センター 初期臨床研修医
2014年 横浜市立大学附属病院 形成外科 入職
2015年 藤沢湘南台病院 入職
2016年小田原銀座クリニック 美容皮膚科

形成外科、美容皮膚科、皮膚科、外科など様々な分野を担当。
小田原銀座クリニックでは、患者さんが気楽に相談でき、しっかりと満足いく診療メニューを提案する。学会、大学病院、研究施設などへの積極的なアプローチ発表など常に最善の手を尽くすべく研究を行うことが最大の特長。
女性目線で、きめ細やかなケアと笑顔で診療することを心がける。
執筆を通し、様々な経験に基づいた根拠ある情報の提供を行う。

お薬手帳「また忘れた」にサヨナラ!
お薬手帳

薬局で必ず聞かれる「お薬手帳はありますか?」

「つい忘れがち」「かさばって不便」というママ・パパには「EPARKお薬手帳」がおすすめ。
スマホひとつで家族全員のお薬を管理できます。

\今ならキャンペーン中/
【期間限定】お薬手帳アプリDL&ログインでEPARKリラク&エステで使える3,000円OFFクーポンプレゼント!

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション)

貴重なご意見をありがとうございます
kosodate LIFE(子育てライフ)はよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

Ranking
ランキング

Tag
タグ

幼児 小学生 0歳 1歳 妊娠中 新生児 妊娠中の体調不良 ストレス対策 妊娠初期 産後 子育て中 誕生日 料理やレシピ 2歳 妊娠後期(臨月) 初産 産後の体調不良 妊娠中の過ごし方 発熱 マンガ 旦那のこと 母乳育児 出産 ワーキングマザー 産後の過ごし方 幼稚園 下痢 赤ちゃん 腹痛 2人目出産 妊娠の兆候 3歳 産婦人科 さとうゆきさんの「育児漫画」 ゴルシさおりさんの子育て漫画 ちとせ育児 みそさんの「子育て漫画」 マッマさんの「2歳差兄妹、育てるンゴwww」 星田さんの「6さい差兄弟日記」 予防接種 兄弟姉妹 めめさんの「育児絵日記」 寝かしつけ 発疹や湿疹 インフルエンザ 麦さんの「子育て絵日記」 ようみん。さんの育児漫画 うえだしろこ「桃金兄弟と母の日常」 便秘 手足口病 出産の兆候 頭痛 時短テクニック 中耳炎 嘔吐 経産婦 水疱瘡 親のこと 貯金 みかみかんさんの「育児漫画」 勉強 ロタウイルス とびひ 風邪 おたふく風邪 おしゃれママになろう 塩りさんの「もちごめ絵日記」 ぽぽこさんの「育児漫画」 あやのこうじさんの「育児漫画」 おやまさんの「育児日記」 ヘアスタイル マイコプラズマ 出産の痛み 子供 着床出血 陣痛 出産入院 つわり ダイエット ものもらい 結膜炎 帝王切開 鼻づまり 掃除 突発性発疹 RSウイルス 2人目育児 美容院 里帰り出産 子連れのお出かけ 習い事 コーディネート ママ友のこと イヤイヤ期 妊娠中期 おなら 痰がらみ 乳児湿疹 洗濯