子どもの虫歯がひどい…乳歯は大丈夫?進行を止めるには?放置リスクも|医師監修

子どもの虫歯がひどい…乳歯は大丈夫?進行を止めるには?放置リスクも|医師監修

公開日:2020-06-03 | 更新日:2020-11-17

「子どもの虫歯がひどい…」
「歯をちゃんと磨いているはずなのに…」

お医者さんに、乳歯の虫歯の対処法について聞きました。

「乳歯は生えかわるから放置しても大丈夫?放置するとどうなるの?」といった疑問にもお答えします。虫歯の進行の予防法もご紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。


菊地由利佳 先生

監修者

経歴

歯は健康に欠かせません。
美味しいものを食べる・会話をする・美しい表情を保つ…、健康な歯は人生の質を高めます。歯の正しい知識を知って、より健康な日々を手に入れましょう。

乳歯は生えかわるから…放置しても大丈夫?

先生(女性)
乳歯でも、放置はNGです。
虫歯になったらすぐに治療を受け虫歯の進行を止めましょう。

乳歯の虫歯が進行してしまうと、歯髄にまで達し、乳歯の下で生えてくる準備をしている永久歯の発育に悪影響を与えます。

放置するリスク

乳歯の虫歯の放置は、様々なリスクを伴います。例えば…

  • 歯並びが悪くなる
  • 口臭がでる
  • 永久歯の形や色が悪くなる
  • 言葉の発音に影響がでることもある
  • 食べ物をうまく噛めず、子ども成長に影響を与える

乳歯の虫歯は、永久歯の変色、形成異常の原因になります。虫歯菌が口の中で増殖する原因となり、他の歯も虫歯になるリスクが上昇します。
虫歯によって、歯に穴が空いたり歯が抜けたりすると、そこに食べカスが詰まります。歯磨きでも取り除かれず放置されると、発酵して口臭の原因となります。

また、乳歯が虫歯となり早く抜けてしまうと、生える準備をしている永久歯の並びに影響を及ぼし、永久歯の歯並びが悪くなることがあります。

さらに、虫歯を避けて咀嚼を繰り返すことで、アゴの発達を阻害して、歪みなどの原因になります。これは、言葉の発達にも影響を及ぼすことがあります。

子どもの虫歯がひどくなる原因

先生(女性)
甘いものを頻繁に食べさせて、食べた後に歯磨き・うがいを長時間していないと、虫歯がひどくなります。

また、唾液量が少なく、虫歯菌が増殖しやすくなります。(口呼吸・噛む回数が少ない・水分摂取が少ない)

ちゃんと歯磨きしているつもりなのですが…

先生(女性)
できていると思っていても磨き残しがあったり、間食が多いと虫歯菌の増殖時間が多くなるので注意が必要です。

子どもの虫歯は親の責任?

先生(女性)
子どもが自分で歯みがきがしっかりできるようになるまで、ママ・パパは責任をもって虫歯菌に注意を払いましょう。

子どもの虫歯は、磨き残しだけが原因ではありません。

元々は、生まれたばかりの赤ちゃんは虫歯菌に感染していません。虫歯菌を持っている大人が、スプーンなどを子どもと共有したり、同じストローを使ったり、キスなどすると虫歯菌がうつります。

虫歯の進行を止めるためにできること

先生(女性)
間食・おやつを控え、食後は歯磨きとフロスを行いましょう。

歯磨きには、フッ素入りの(子供用)を使うとよいのですが、フッ素が入っていても磨き残しがあると虫歯は進行します。大人が仕上げ磨きを行い、磨き残しが無いようにしましょう。歯磨きができないときは、うがいやお茶や水を飲ませて虫歯菌が繁殖しにくい環境を作りましょう。

歯医者さんを早期受診するメリット

先生(女性)
乳歯は、虫歯の進行がとても早いという特徴があります。

乳歯の虫歯は、早期に進行を止める必要があります。虫歯の痛みが少ない段階で治療することで、子どもの負担も小さくなります。

軽い虫歯であれば虫歯進行止めの薬を使用するだけの場合もあります。

子どもを歯医者嫌いにしないために

先生(女性)
虫歯が無いときから定期検診として歯科医院に通い、口の中を見てもらうことに慣れておくのをおすすめします。

乳歯が生え始めた頃から歯科に通い慣れていると、子どもも怖がらずに治療を受けてくれますし、初期の虫歯であれば簡単な治療ですみます。

また、子どもの対応に慣れている医師・スタッフが在中している歯科も多いので、いくつか行ってみて、かかりつけの歯科を作っておくとよいでしょう。

歯科を探す

子どものために「定期健診」のススメ

定期的に歯科に行くことで虫歯予防ができます。また、歯科に慣れておくことで虫歯ができても初期の段階でスムーズに治療を受けられます。

定期健診でチェックできるポイント

  • 虫歯の有無
  • 噛み合わせ、歯列確認
  • 歯垢除去
  • フッ素塗布(虫歯予防)
  • 歯の磨き方指導、食事指導
参考
公益社団法人 日本小児歯科学会 食後の歯磨きについて
http://www.jspd.or.jp/contents/main/proposal/index09.html

菊地由利佳 先生

監修者

経歴

歯は健康に欠かせません。
美味しいものを食べる・会話をする・美しい表情を保つ…、健康な歯は人生の質を高めます。歯の正しい知識を知って、より健康な日々を手に入れましょう。

お薬手帳「また忘れた」にサヨナラ!
お薬手帳

薬局で必ず聞かれる「お薬手帳はありますか?」

「つい忘れがち」「かさばるから持ち歩きたくない」というママ・パパには「EPARKお薬手帳」がおすすめ。
スマホひとつで家族全員のお薬を管理できます。

\今ならキャンペーン中/
【期間限定】お薬手帳アプリDL&ログインでEPARKリラク&エステで使える3,000円OFFクーポンプレゼント!

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
不正確な箇所についてのご指摘
※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。

貴重なご意見をありがとうございます
kosodate LIFE(子育てライフ)はよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

関連タグ

Ranking
ランキング

Tag
タグ

幼児 小学生 0歳 1歳 妊娠中 新生児 妊娠中の体調不良 ストレス対策 妊娠初期 産後 子育て中 料理やレシピ 2歳 妊娠後期(臨月) 誕生日 初産 妊娠中の過ごし方 産後の体調不良 発熱 マンガ 母乳育児 旦那のこと 出産 ワーキングマザー 産後の過ごし方 幼稚園 ゴルシさおりさんの子育て漫画 マッマさんの「2歳差兄妹、育てるンゴwww」 赤ちゃん ちとせ育児 2人目出産 下痢 星田さんの「6さい差兄弟日記」 めめさんの「育児絵日記」 さとうゆきさんの「育児漫画」 ようみん。さんの育児漫画 みそさんの「子育て漫画」 うえだしろこ「桃金兄弟と母の日常」 腹痛 妊娠の兆候 3歳 兄弟姉妹 予防接種 産婦人科 寝かしつけ 発疹や湿疹 インフルエンザ 麦さんの「子育て絵日記」 便秘 手足口病 出産の兆候 頭痛 嘔吐 簡単レシピ 経産婦 水疱瘡 親のこと みかみかんさんの「育児漫画」 あやのこうじさんの「育児漫画」 中耳炎 おやまさんの「育児日記」 ぽぽこさんの「育児漫画」 時短テクニック 貯金 塩りさんの「もちごめ絵日記」 おもしろ話 おたふく風邪 とびひ 風邪 おしゃれママになろう ロタウイルス 勉強 マイコプラズマ 出産入院 着床出血 出産の痛み ヘアスタイル 子供 2人目育児 つわり ダイエット ものもらい 結膜炎 代用アイデア 帝王切開 鼻づまり 陣痛 イヤイヤ期 突発性発疹 RSウイルス 美容院 里帰り出産 子連れのお出かけ 掃除 習い事 レシピ SNSまとめ 妊娠中期 おなら