チック(トゥレット症候群)の受診の目安|見守る?病院行く?治すために親ができること

チック(トゥレット症候群)の受診の目安|見守る?病院行く?治すために親ができること

公開日:2020-04-06 | 更新日:2022-09-02

子どものチックが治らない。
むしろ、どんどんひどくなっているかも?

もしかして、それは「トゥレット症候群」かもしれません。
お医者さんが、チックの受診目安・治療法を解説します。

永澤守 先生

監修医

かつしかキュアクリニック

院長
永澤守 先生

経歴

平成14年福井医科大学(現福井大学医学部)卒業
岐阜大学高齢科神経内科入局後松波総合病院にて内科研修、
岐阜大学高次救命救急センター出向。
美濃市立美濃病院内科。
東京さくら病院及び同認知症疾患センター勤務の後
令和元年7月かつしかキュアクリニック開業。

子どもによくあるチック症状

先生(男性)
チック症状には、「運動性チック」「音声チック」があります。
どちらも本人の意思で抑えることは困難です。

チック症状は6~18歳くらいまでの間に発症します。
男の子の方が発症率が高く、女の子に比べると4~5倍多く発症するとされています。

運動性チックの症状

  • 肩をすくめる
  • 首を振る
  • ジャンプする
  • まばたきが止まらない
  • 顔をしかめるなど

音声チックの症状

  • 叫ぶ
  • 鼻をすする
  • 咳払いをする
  • 急に、「ん」といった単純な言葉を発する
  • 急に、TPOにふさわしくない言葉を発する

いつまで続く?

先生(男性)
個人差があり一概にはいえません。
ずっと続く人、出たり消えたりを繰り返す人、一過性の人など様々です。

多くの場合、大人になるとともに消えることがほとんどですが、大人になってもチック症状が出る人もいます。

チックの原因

先生(男性)
現在は研究が進み、神経伝達物質の異常や発達の異常などが原因であるとわかってきました。

悪化したのは親のせい?

チックが悪化したのは、親の接し方のせいもあるのでしょうか?
ママ(困り顔)
先生(男性)
親の接し方が原因ではありません。

しかし、無理に止めさせようとしたり、責めたりすると子どもにストレスがかかり、症状が出てしまうこともあります。

チックの受診の目安

病院

先生(男性)
子どもの動きや状態をよく観察してください。
子どもが緊張していなくても、以下のような仕草が目につくようであれば一度病院に相談しましょう。
  • まばたきが多い
  • 爪を噛む
  • 足を揺らす
  • 肩をすくめる
  • 鼻をすする
  • 無意識に声をあげる

チック症状が強い場合は、生活改善や薬物治療を視野に入れて、専門医のアドバイスを受けるようにしましょう。

小児科を探す

受診する際の注意

先生(男性)
子どものせいではありません。
子どもを責めないようにしてください。

チック症状によっては「いつも同じようなことで注意される」と、子どもにも自覚があると思います。

「病気が原因かもしれないから、一度病院に行ってみよう」と誘ってみましょう。

チックの治療法

先生(男性)
まずは、生活リズムの改善を指導されます。
それでも改善が見られない場合は、薬物療法が検討されます。

何科を受診する?

先生(男性)
小児科神経科などで相談できます。

小児科を探す

「チック」と「トゥレット症候群」って何が違うの?

先生(男性)
「トゥレット症候群」は、運動性・音声チック両方の症状が1年以上にわたるときに診断されます。
「チック」は、短期間の中で同じ動作を繰り返す場合に使われます。

チックを早く治してあげたい!

ママ・パパの接し方

先生(男性)
チック症状を無理に抑える必要はないと考えましょう。

無理に抑えようとしてストレスがかかり、別の病気や免疫低下などを招く場合もあります。

チック症状は、脳神経の発達を促すことで改善されるとされています。
子どもの生活環境が、以下にあてはまらないか気をつけましょう。

  • 生活リズムが夜型
  • いつも睡眠不足
  • 運動を全くしていない

など

先生(男性)
子どもの脳や体の発達を促すためにも生活リズムを整え、運動をたくさんさせるようにしてください。

おすすめの食べ物

先生(男性)
チック症状を改善する食べ物は、まだわかっていません。

ですが、症状の改善には脳の発達を促す必要があります。偏らずに5大栄養素を取り入れるようにして、3食バランスの良い食事が必要ですね。

その他できることはある?

先生(男性)
チック症やトゥレット症候群の原因は、まだ全て解明されていません。

ツボがいい、漢方がいいなどと、色々噂が耳に入るでしょう。しかし、それらが本当に関与するかは、まだわかっていません。

チック症状が出やすい時期は、多感な年齢でもあります。子ども本人が最も気にしているでしょう。
成長段階にある子どもの健やかな成長のために、まずは周りの大人が生活リズムを整えてあげましょう。

参考
製薬協「NPO法人日本トゥレット協会」
http://www.jpma.or.jp/event_media/information/news/news2005/2005_96.html
時事メディカル 同じ動作繰り返す「チック症」早寝・早起き、運動で改善も
https://medical.jiji.com/topics/1313
MSDマニュアル家庭版 トゥレット症候群とその他のチック症
https://www.msdmanuals.com/ja-jp/ホーム/23-小児の健康上の問題/小児における神経疾患/トゥレット症候群とその他のチック症

土日祝日…混雑で…病院の予約が取れない!

どこの病院も予約が取れない…でも子どもの様子が心配…
そんな時におすすめなのが「みてねコールドクター(往診予約)」アプリです。

◆自宅で予約し自宅で受診可能
◆健康保険・医療証適用で安心
◆夜間・休日の急な発熱にも対応

小児科、内科の診察、インフルエンザ等の検査も可能です。お支払いは、診察費のみ(交通費無料)。

対応エリアは東京都、神奈川県、福岡県、佐賀県の一部エリア。iPhone、Androidに対応。

いざというときのためのお守りにしてくださいね。

「みてねコールドクター(往診予約)」アプリ
詳細はこちら

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
不正確な箇所についてのご指摘
※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。

貴重なご意見をありがとうございます
kosodate LIFE(子育てライフ)はよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

\特集記事/

子どもの癇癪

ママ友がめんどくさい

小学生の反抗期

\フォロワーになってください!/

 

ツイッター画像

 

 

kosodate LIFEで人気の記事や育児マンガを配信中!

私たちと一緒に、妊娠・子育てライフを楽しみましょう♪