新生児の母乳量。目安と計算方法。わからないときの測り方|栄養士監修

新生児の母乳量。目安と計算方法。わからないときの測り方|栄養士監修

公開日:2019-08-28 | 更新日:2020-08-31

生まれたばかりの赤ちゃんが必要とする母乳量や、母乳量の測り方がわからないときの測り方をご紹介します。
「欲しがるだけ飲ませていいの?」「母乳不足じゃないか心配・・・」といったママの疑問にも答えます。


神原李奈

監修者

経歴

栄養士 
(社)東京都栄養士会・食育栄養インストラクター

母乳量の目安(計算のしかた)

授乳1回あたり、どれくらいの母乳を飲ませればいいのでしょうか?

生まれたての赤ちゃん

女性
1回あたり、生後日数×10ml+10mlが一般的です。

新生児には、3時間おき、1日に7回以上授乳する機会があります。

<一般的な哺乳量の例>
※新生児の体重によって変化します。
生後1日目 20ml/1回
生後2日目 30ml/1回
生後3日目 40ml/1回
生後4日目 50ml/1回
生後5日目 60ml/1回
生後6日目 70ml/1回
生後7日目 80ml/1回

出生後2~3週間目の赤ちゃん

女性
1回あたり、20ml/1kg(体重)となります。

出生後2~3週間目になると、赤ちゃんが急成長する時期に入るため、母乳を飲む量が増えます。

<一般的な哺乳量の例>
※新生児の体重によって変化します。
体重が3kg  60ml/1回
体重が3.5kg 70ml/1回
体重が4kg  80ml/1回

日によって変化する母乳量

新生児は胃の容量が小さいので、一回の授乳で飲める母乳量も多くありません。そのため、一日に何度も授乳する必要があり、飲む量も一定ではなく日によって変わります。

母乳量がわからないとき

 ゴクゴク飲んでいるけど・・・どれくらい飲んでいるのかわからなくて不安!というママも少なくありません。

母乳量の測り方

女性
授乳前後の体重を測定し、差し引くことで赤ちゃんの母乳摂取量を確認することができます。

母子健康手帳に記載されている乳幼児身体発育曲線のように体重が増えていれば、さほど深刻に考える必要はありません。

判断のポイント

  1.  機嫌がいい状態が続いている。
  2.  顔色がよく、元気がある。
  3.  体重の増加がみられる。
  4.  1日6回以上おしっこが出る。

母乳を飲みすぎのとき

ママ(困り顔)
もしかして・・・母乳を飲ませすぎ?
どうやって飲みすぎの判断をしたらいいのでしょうか?

「飲みすぎ」の判断ポイント

以下のような飲みすぎのサインがあります。

  1. 飲んだ母乳をよく吐き戻すが、体重は増えている。
  2. 機嫌が良くない。
  3. げっぷやおならが多い。
  4. 授乳中、口からポタポタと母乳をこぼしてしまう。
  5. おなかが張っている。
  6. 苦しそうにして泣いている。
  7. うなる、いきむ
  8. 授乳中にむせる。
  9. 便秘、下痢が続いている。
  10. 一日に50g以上体重が増えている。

授乳量の減らし方

  1. 少しだけ搾乳する。
  2. 授乳の回数を減らす。
  3. リクライニング(横向き)授乳をしてみる。

母乳が足りないとき

ママ
母乳不足じゃないか心配です。

「母乳不足」の判断ポイント

母乳不足の場合、以下のような傾向があります。

  1. 体重が増加しない。
  2. 元気がなく、機嫌が悪い。
  3. おしっこの回数、量が少なく、その色やにおいが濃くなっている。
  4. うんちの回数が少ない。
  5.  嘔吐し、体重が減少する。

授乳量の増やし方

  1. 授乳の回数を増やす。
    母乳は、赤ちゃんがおっぱいを吸うことでホルモンが分泌され、出てきます。赤ちゃんにたくさんおっぱいを吸ってもらいましょう。
  2. しっかり水分補給する。
    母乳を作るために水分は必要不可欠です。摂取目安量は、一日2~3リットルです。
  3. ママの食事内容を見直す。
    脂肪分、糖分の過剰摂取に注意を払い、和食中心の食事をしましょう。
  4. おっぱいマッサージをする
    乳房の根元部分を動かすマッサージを行い、血流を改善しましょう。
  5. 身体が冷えないようにする
    冷えは母乳を作る力を低下させるため、温かい物を飲んだり、乳房を温めたりすると出やすくなるといわれています。

母乳量の悩みQ&A

母乳は欲しがるだけあげてもいい?

母乳を欲しがって赤ちゃんが泣きます。飲みたいだけ飲ませてもいいのでしょうか?
ママ
女性
本当におなかが空いている場合、基本的には欲しい分だけ飲ませてあげても大丈夫だと言われています。

しかし、赤ちゃんが泣いている原因が母乳不足だと勘違いしてしまい、必要以上に飲ませてしまうのはNG。逆に赤ちゃんを苦しめてしまう可能性があります。
そのような状況を作らないためには、おしっこの回数を確認したりして、赤ちゃんの様子を見ながら赤ちゃんが泣く原因を検証することが必要です。

ミルク育児について

母乳がでません・・・。母乳育児にこだわらずミルク育児でもいいの?
ママ(困り顔)
女性
ミルクを活用しましょう!

赤ちゃんの健康のために完全母乳で頑張ろうと決めて奮闘してきたママにとって、ミルクで補充するという選択をするのは少し抵抗がありますよね。

しかし、完全母乳に固執してしまい、ミルクを使わないことで、赤ちゃんに必要な栄養分をしっかり届けられない状態は不本意ではないでしょうか。赤ちゃんの健やかな成長のために、上手にミルクも利用しましょう。

赤ちゃんがミルクを嫌がる

赤ちゃんがミルクを嫌がります。ミルクを飲んでもらうためにできる工夫はありますか?
ママ
女性
以下の方法を試してみてください。
  1. 赤ちゃんがおなかを空かせた状態のときにミルクをあげてみる。
  2. ミルクを飲ませる哺乳瓶や乳首を変えて、赤ちゃんが飲みやすいタイプを探す。
  3. 何種類かのミルクを試して、赤ちゃんが好きな味を探す。
  4. ミルクの温度を変えてみる。


参考
授乳・離乳の支援ガイド - 厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/content/000497123.pdf
厚生労働省「2 乳児・小児」
https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10901000-Kenkoukyoku-Soumuka/0000042642.pdf
くらしげ小児科「乳児健診」
http://www.kurashige.jp/03baby_checkup.html
NICU に入院した新生児のための 母乳育児支援ガイドライン
http://shinseijikango.kenkyuukai.jp/images/sys%5Cinformation%5C20111129171724-2DD14C489C3CA9DF61B2B50D756F97E3C3E2E0AD0505DA931B5D2BAEB3844AE0.pdf


神原李奈

監修者

経歴

栄養士 
(社)東京都栄養士会・食育栄養インストラクター

母乳不足を感じるママのためのハーブティー
母乳不足のサポートティー

「母乳の出が気になる」
「でも、母乳育児を続けたい」

そんなママのために授乳ケアの専門家と英国ハーバリストが開発した、母乳育児サポートハーブティーです。

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション)

貴重なご意見をありがとうございます
kosodate LIFE(子育てライフ)はよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

関連タグ

Ranking
ランキング

Tag
タグ

幼児 小学生 0歳 1歳 妊娠中 新生児 妊娠中の体調不良 ストレス対策 産後 妊娠初期 子育て中 誕生日 料理やレシピ 2歳 妊娠後期(臨月) 初産 産後の体調不良 発熱 妊娠中の過ごし方 マンガ 旦那のこと 母乳育児 出産 産後の過ごし方 ワーキングマザー 下痢 3歳 妊娠の兆候 腹痛 予防接種 幼稚園 産婦人科 兄弟姉妹 発疹や湿疹 インフルエンザ ゴルシさおりさんの子育て漫画 ちとせ育児 マッマさんの「2歳差兄妹、育てるンゴwww」 便秘 手足口病 頭痛 出産の兆候 赤ちゃん 星田さんの「6さい差兄弟日記」 めめさんの「育児絵日記」 さとうゆきさんの「育児漫画」 ようみん。さんの育児漫画 みそさんの「子育て漫画」 寝かしつけ 時短テクニック 嘔吐 経産婦 水疱瘡 麦さんの「子育て絵日記」 うえだしろこ「桃金兄弟と母の日常」 中耳炎 貯金 勉強 おしゃれママになろう ロタウイルス とびひ おたふく風邪 風邪 ヘアスタイル 出産の痛み マイコプラズマ 帝王切開 出産入院 ダイエット ものもらい 着床出血 鼻づまり 結膜炎 突発性発疹 RSウイルス 美容院 子連れのお出かけ 掃除 習い事 あやのこうじさんの「育児漫画」 みかみかんさんの「育児漫画」 つわり 陣痛 痰がらみ 乳児湿疹 妊娠中期 イヤイヤ期 ママ友のこと コーディネート おなら 洗濯 専業主婦 ヘルパンギーナ あせも アデノウイルス ワンオペ育児 麻疹 髄膜炎 産休・育休