小学校入学前に勉強はどこまで必要?楽しくできる学習準備

小学校入学前に勉強はどこまで必要?楽しくできる学習準備

公開日:2020-05-21

小学校入学前に子どもに勉強させたほうがいいの?
どれくらいの学力が必要なの?

先輩ママ・パパ50人に、小学校入学前に必要だと思う勉強を聞きました。
楽しくできる勉強方法もぜひ参考にしてくださいね。


小学校入学前に勉強は必要?

先輩ママ・パパ50人に入学前の勉強の必要性を聞いてみると…。

グラフ1(アンケート:「小学校入学前の子どもに勉強は必要だと思いますか?」先輩ママ・パパ50人に聞きました)

“勉強する習慣はつけたほうがいい”という声が6割以上でした!
小学校入学に向けて、「何かしらの準備をしている方が多い」ことがわかりました。

それぞれの意見を聞いてみると…?

「勉強する習慣はつけたほうがいい」派

ママ
小学校に入ると今までなかった宿題があります。

少しでも机に向かう、勉強をする習慣をつけていないと毎日宿題をすることは子供にとって大変難しいです。
(小学1年生と小学4年生の男の子のママ)
ママ
本を読む、絵を描く、ピアノなどの楽器、折り紙、何でもいいと思うので、一定時間、何かに集中できるようにしておくといいと思います。
(高校3年生と大学2年生の女の子のママ)

「予習しておいたほうがいい」派

ママ
小学校に入ってからすぐに学習が始まるので、学校で習う事は少しでもわかっていた方が、スムーズに授業に取り組めるようになると思うからです。
(小学4年生と中学1年生の男の子のママ)
ママ
小学校に入学してみると、周りの同級生が意外と勉強していて遅れを感じたからです。
(小学1年生の女の子と小学4年生の男の子のママ)

「入学前は勉強する必要はない」派

ママ
小学校にあがるまではのびのび遊ばせてあげたら良いと思う。
発達の段階もあると思うので、早くから勉強させても理解するのが難しくしっかり身に付かない場合もある。
(5歳と8歳の男の子のママ)
ママ
初めて学校で勉強を学んでもらって、勉強の楽しさを新鮮に感じてもらいたいからです。
事前に勉強を無理やりして、勉強自体を嫌いになられたら学校での勉強も嫌いになると思ったからです。
(小学1年生の女の子のママ)

どこまで準備しておくべき?(国語編)

小学校入学前に、国語の勉強はどのくらいしておくべきと思うか、先輩ママ・パパに聞いてみました。

グラフ2(アンケート:「小学校入学前に“国語”の授業のための準備はどこまでしておくべきだと思いますか?<複数回答>」先輩ママ・パパ50人に聞きました)

自分の名前の読み書き+ほぼ全てのひらがなは読めるようにするという方が多かったです。

「やっておいてよかった」意見

ママ
入学式当日から、自分の名前が書かれた机に座り自分の名前が書かれた持ち物を取りに行くことがあり、ひらがなで名前を読めるようにしておいて良かった。
(2歳と小学2年生と小学6年生の男の子のママ)
ママ
字の読み書きが大体出来ていれば、字をきれいに書くことに集中出来たし、カタガナを覚えるときにスムーズに取り組めました。
(高校3年生と大学2年生の女の子のママ)

どこまで準備しておくべき?(算数編)

小学校入学前、算数の勉強はどのくらいしておくべきと思うか、先輩ママ・パパに聞いてみました。

グラフ3(アンケート:「小学校入学前に“算数”の授業のための準備はどこまでしておくべきだと思いますか?<複数回答>」先輩ママ・パパ50人に聞きました)

半数の方が、1から100までは数えられるようにするしておきたいと答える結果に!

「やっておいてよかった」意見

ママ
1から10まで数えられるようにしておいて良かったと思いました。何人の友達と遊んだ、など詳しく教えてくれるので学校の状況を把握できて良いと思うからです。
(小学1年生の女の子のママ)
ママ
幼稚園でひらがなの勉強と数を100まで数えるくらいは勉強させてもらっていたので、特に勉強で困ったことはありませんでした。
(小学5年生と中学2年生と中学3年生の女の子のママ)

楽しくできる!勉強の準備

子ども

日常生活に取り入れられて、子どもが楽しく勉強できる方法を先輩ママが教えます。

五十音表を目につきやすい場所に貼る

ママ
リビングや、トイレお風呂などにひらがな表を貼っておきました。いつでも目に入るようにしていたら自分から興味を持ちました。
(高校2年生と大学2年生の男の子のママ)

ひらがなを目にする機会をまずは増やしてあげましょう。

手紙を書く

ママ
ひらがなは友達や先生への手紙で練習。書けてない文字だけ何回かやり直ししてもらいました。
(0歳と小学2年生女の子と、3歳と6歳の男の子のママ)

お友達と手紙のやりとりをすることで、読んだり書いたりすることが楽しく感じられますよ。

おやつタイムに”ついで学習”

ママ
果物を切り分けた際に、果物を均等に配らせていました
(高校2年生と大学3年生の女の子のママ)

知育おもちゃを使う

ママ
数字が書いてあるブロックで遊びながら数字を数える勉強をしました。遊びながら出来るので楽しくやってくれてこちらも楽でした。
(小学1年生の女の子のママ)
ママ
アンパンマンのあいうえおというおもちゃのパソコンのようなもので遊び感覚での学習をしていました。
(小学3年生の男の子と中学1年生の女の子のママ)

おすすめ!入学前の先取り勉強方法

家族

小学校入学前に、勉強をもう少しやっておきたいママ・パパへ!
おすすめの勉強方法を紹介します。

オリジナルのプリントを作ってみる!

ママ
絵を描いて、それをひらがなで書く勉強は気に入ってました。
(小学1年生の男の子と小学4年生の男の子のママ)
ママ
マスがあるノートに毎日1ページ、蛍光ペンで字や数字を書いて、なぞらせるというように、勉強してる感じを出さず遊びながらやらせました。
蛍光ペンをカラフルにするのがポイントです。
(4歳と小学1年生と小学4年生の女の子のママ)

市販のドリル・プリント

ママ
うんこドリルは子供が喜んで勉強していました。
(2歳と小学2年生の男の子のママ)

子どもが好きなキャラクターものだと喜んで取り組んでくれます。

100均に売っているドリルや、ネットで無料ダウンロードできる問題をプリントして使っているという方もいました。

幼児向けの通信教育

ママ
こどもちゃれんじをして、しまじろうのドリルや、知育玩具を使って、楽しみながらひらがなやカタカナを覚えていきました。
(8歳の男の子のママ)

“勉強嫌い”にしないためにできること

褒める

入学前に、子どもが勉強嫌いにならないように「工夫していたこと」を先輩ママに聞きました。

「できるようになる楽しさ」を感じてもらう

ママ
出来たらたくさん褒めて、自分でできる喜びを感じて貰っていた。
(1歳の女の子と小学2年生の男の子のママ)

問題が解けたときや、新しくできるようになったことが増えたときは誉めちぎってあげましょう!

やる気があるタイミングを見計らう

ママ
本人のやる気がある時に短時間だけ問題だしたり書いたりしていました。
(0歳と小学2年生の女の子と、3歳と6歳の男の子のママ)

子どもがやりたいことを止めてまで無理に勉強させると、それだけで勉強が嫌になってしまうことも。あくまで「子どもが楽しめる」ことを意識していたというママ・パパが多数!

クイズ形式で問題を出す

ママ
楽しく学習できるようクイズにしたりするようにしていました。移動中、看板を何と読むでしょうなどとクイズにすると楽しんでくれました。
(小学3年生の男の子と中学1年生の女の子のママ)

子どもに文房具を選んでもらう

ママ
好きなキャラクターの筆記用具(鉛筆と消しゴム)を準備して行いました。
(小学1年生の男の子のママ)

自分で選んだ勉強道具なら、勉強のやる気もアップしますよ。

早起きは三文の徳!午前中に勉強のおすすめ

ママ
夕方は眠くなってきたりこちらも忙しいので、毎日幼稚園に行く前に朝学習として取り入れていました。

早起きの習慣もついて、今でも朝の短時間学習は身についているので良かったです。
(小学6年生と中学3年生女の子のママ)

子どもが楽しく勉強できるように工夫しながら、小学校に入学する準備をしましょう!


いつの間にできるようになったの?
こどもチャレンジ

今こそ!
「楽しい」から始まる学びの習慣

スタートするチャンス!

「こどもちゃれんじ」はイード・通信教育アワード2019幼児において「子どもが好きな通信教育」部門で1位を受賞しています。

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション)

貴重なご意見をありがとうございます
kosodate LIFE(子育てライフ)はよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

Ranking
ランキング

Tag
タグ