【赤ちゃんのカンジダ皮膚炎の治し方】自然治癒する?治療が必要?|医師監修

【赤ちゃんのカンジダ皮膚炎の治し方】自然治癒する?治療が必要?|医師監修

公開日:2020-06-29

おむつかぶれが治らない…。
もしかして、それはカンジダ皮膚炎かも!

赤ちゃんのカンジダ皮膚炎を早く治してあげる対処法を、お医者さんに聞きました。
これ以上悪化させないためにも、正しいスキンケアを行いましょう。


武井智昭 先生

監修者

高座渋谷つばさクリニック

院長
武井智昭 先生

経歴

公益社団法人 日本小児科学会 小児科専門医

2002年 慶應義塾大学医学部を卒業
2002年 慶應義塾大学病院 にて小児科研修
2004年 立川共済病院勤務
2005年 平塚共済病院小児科医長として勤務
2010年 北里大学北里研究所病原微生物分子疫学教室勤務
2012年 横浜市内のクリニックの副院長として勤務
2017年 「なごみクリニック」の院長として勤務
2020年 「高座渋谷つばさクリニック」院長就任

おむつかぶれかと思っていたら…カンジダだった!

先生(男性)
オムツかぶれは、オムツの当たっている部分に赤みが出ます。かぶれ部分と通常部分の境界もわかりやすいです。
カンジダ皮膚炎は、はっきりと境界線があるわけではなく、赤みが点状に広がっていくという特徴があります。

「オムツかぶれ」の場合は、接触性の皮膚炎です。オムツに接触している部分だけが赤みやただれを起こします。

一方、「カンジダ皮膚炎」は、真菌(かび)による感染症です。オムツが触れていない皮膚のひだの中まで炎症の状態となります。

赤ちゃんのカンジダ皮膚炎の原因

なぜ、赤ちゃんがカンジダ皮膚炎になってしまったんでしょうか…?
ママ(困り顔)
先生(男性)
オムツの中の蒸れが原因でしょう。
赤ちゃんはもともと抵抗力が弱いため、高温多湿によって常在菌であるカンジダ菌でも増殖しやくなっています。

カンジダは、健康体であればなんともない常在菌です。皮膚上や口の中、消化管など、実はそこら中にいます。体が弱った時や免疫が低下した時に繁殖して悪さをすることがあります。

赤ちゃんの場合は、オムツの中が高温多湿なため、カンジダ菌が異常繁殖して皮膚に悪影響を及ぼしている状態です。

自然治癒する?

先生(男性)
肌を清潔にして乾いた環境にすれば、菌は繁殖できなくなり、皮膚炎も良くなります。しかし…

赤ちゃんのカンジダ皮膚炎は、オムツが蒸れているのが原因です。そのため、オムツが取れないとなかなか改善せず、長引く傾向があります。

こんなときは、病院で治療しよう!

病院

先生(男性)
  • オムツかぶれが、長引いている
  • 悪化してきている(水ぶくれ・出血)
  • 陰部の周りが赤い

という場合は病院で治療しましょう。

病院では、カンジダ菌に対する薬を使用して治療を進めます。医師が診断をして、治療薬を決めるので、早く皮膚炎に働きかけ、治療もスムーズに進みます。

病院は何科?

先生(男性)
小児科を受診してください。

小児科を探す

早く治したい!お家でのケアの方法

赤ちゃん

先生(男性)
オムツはこまめに変えましょう。

ウンチやオシッコがついている状態で長時間放置すると、カンジダ菌がさらに増殖して、皮膚炎が悪化します。

また、衣類を着せすぎると蒸れてしまいます。通気性の良い素材の服(綿素材など)を着せてください。汗をかいたらすぐ取り替えてあげましょう。

お風呂はどうする?

お風呂に入っても大丈夫ですか?
ママ(困り顔)
先生(男性)
毎日入浴して、清潔に保ちましょう。
熱すぎないぬるま湯を使い、入浴後は薬を塗りましょう。

熱いお湯はしみやすく、皮脂がなくなる原因です。
ぬるま湯を使い、泡で包み込むように手を使って洗ってあげましょう。石鹸を痛がるときは、お湯で洗います。

タオルを押して当てるようにしてやさしく水分を拭き取ったら、医師の指示に沿って、薬と保湿剤を塗ってください。

カンジダ皮膚炎はうつるの?

先生(男性)
健康な人に発症することは極めて稀です。

カンジダ菌は、常在菌なので、大人の人も皆皮膚や体にもともと持っています。念のため、オムツ替えをした後は、石鹸を使って手洗いを念入りに行いましょう。

保育園は行っても大丈夫?

先生(男性)
登園しても大丈夫ですが、他の子どもにうつる可能性があります。

オムツを変えた人が、手を洗わずに次の赤ちゃんのオムツを替えたり、お世話したりするとうつることがあります。また、保育園の先生には、カンジダ皮膚炎になったことを伝えるようにして、オムツ替えの際の手洗いを注意して行ってもらうようにしょう。

先生(男性)
赤ちゃんがカンジダ皮膚炎になったら、自己判断で市販薬などを使わずに、すぐに小児科で治療を受けてから登園させるようにしましょう。

小児科を探す

▼参考
日本医師会 白クマ先生の子ども診療所
https://www.med.or.jp/clinic/sick2012_omutsu.htm
不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション)

貴重なご意見をありがとうございます
kosodate LIFE(子育てライフ)はよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

Ranking
ランキング

Tag
タグ

幼児 小学生 0歳 1歳 妊娠中 新生児 妊娠中の体調不良 ストレス対策 妊娠初期 産後 誕生日 子育て中 料理やレシピ 2歳 妊娠後期(臨月) 初産 妊娠中の過ごし方 発熱 産後の体調不良 マンガ 旦那のこと 出産 母乳育児 産後の過ごし方 ワーキングマザー 腹痛 3歳 妊娠の兆候 予防接種 下痢 インフルエンザ 兄弟姉妹 発疹や湿疹 寝かしつけ 便秘 頭痛 出産の兆候 経産婦 中耳炎 嘔吐 時短テクニック 手足口病 貯金 水疱瘡 おたふく風邪 とびひ 風邪 ロタウイルス 勉強 ヘアスタイル マイコプラズマ 赤ちゃん 出産の痛み ダイエット 鼻づまり 習い事 おしゃれママになろう 着床出血 RSウイルス 美容院 子連れのお出かけ 掃除 突発性発疹 ものもらい みそさんの「子育て漫画」 麦さんの「子育て絵日記」 ゴルシさおりさんの子育て漫画 めめさんの「育児絵日記」 ちとせ育児 星田さんの「6さい差兄弟日記」 結膜炎 マッマさんの「2歳差兄妹、育てるンゴwww」 乳児湿疹 陣痛 痰がらみ おなら 妊娠中期 イヤイヤ期 ママ友のこと コーディネート 帝王切開 産休・育休 うえだしろこ「桃金兄弟と母の日常」 出産入院 ようみん。さんの育児漫画 さとうゆきさんの「育児漫画」 髄膜炎 つわり ワンオペ育児 アデノウイルス あせも ヘルパンギーナ 専業主婦 洗濯 麻疹 耳垢 ホルモンバランス 赤ちゃんのイベント 反抗期