乳腺炎になりかけたときの対処|冷やす?しこりは?病院の受診目安も

乳腺炎になりかけたときの対処|冷やす?しこりは?病院の受診目安も

公開日:2021-01-06 | 更新日:2021-11-22

乳腺炎になり始めているかも…。

どうケアすれば、悪化を防げる?

お医者さんに対処方法を聞きました。


松本華英 先生

監修者

いとう新検見川クリニック

松本華英 先生

経歴

日本外科学会 専門医
いとう新検見川クリニック

乳腺炎になりかけの「症状」

  • 乳房の張りが取れない
  • 乳房で部分的に硬くなっているところがある
  • 乳房を押すと痛い

悪化すると…こんな症状が!

  • 乳房に熱感がある
  • 乳房の硬いところの皮膚が赤くなっている
  • 乳房の痛みが強い
  • 発熱する など

乳腺炎になりかけたときの「対処」

先生(女性)
乳腺炎の初期症状が出ている場合は、母乳の排出を行いましょう。

乳房の中で母乳の出が悪くなっているところがあります。硬く、しこりのように触れる部分です。そこに母乳が停滞してきています。

硬くなったところをマッサージしながら、授乳回数を増やし、赤ちゃんに母乳をたくさん飲んでもらいましょう。

 それでもまだ硬いところがある場合は、搾乳をしましょう。搾乳器を使うこともおすすめです。

また、硬くなったところを揉みほぐし、硬くなっているところから乳頭に向けて押し流すようにしてマッサージしてください。最初は、押しても母乳が出てこないと思います。マッサージがうまくいくと、乳頭部からミルクが出てくるようになります。

「胸が熱をもっている」ときの対処

先生(女性)
>乳腺で停滞した母乳によって、乳腺が炎症を起こしている状態です。
溜まっている母乳を出して、母乳の停滞をなくす必要があります。

赤ちゃんにたくさん飲ませるか、搾乳をしましょう。また、熱っぽさがつらいときは、濡らしたタオルを胸に当てて冷やすと楽になります。

「しこりがある」ときの対処

先生(女性)
母乳が停滞し、「乳瘤」と呼ばれるミルクの塊ができていると考えられます。母乳をたくさん出して、母乳の停滞をなくすとなくなります。

赤ちゃんに飲んでもらったり、優しく乳頭の方へ流れるようにマッサージすると、母乳が排出されやすくなります。

「チクチク痛い」ときの対処

先生(女性)
乳房全体が炎症が起こし、母乳が溜まっていると考えられます。

この場合も、母乳を排出させましょう。
赤ちゃんに飲んでもらいましょう。それでも、母乳が残っている場合は、搾乳したり、マッサージをしたりしましょう。

合わせて読みたい
2021-02-18
乳腺炎のしこりが取れない…!乳腺炎のしこりは、乳房の中で母乳が停滞している状態です。お医者さんに、しこりをとるためにできることやマ...

お風呂はどうすれば?

シャワー入浴

お風呂は入っても大丈夫でしょうか?
ママ(困り顔)
先生(女性)
乳腺炎になりかけのときは、シャワー浴の方がよい場合があります。

乳腺炎になりかけというときは、乳房が温まると痛み・腫れが一時的に悪化します。このようなときは、シャワー浴にしましょう。

ただし、「乳房を温めたほうが楽になる方」、「冷やした方が楽になる方」、ひとりひとり異なります。自分に合った方法を探してみましょう。

市販のお薬について

市販のお薬

先生(女性)
授乳中は、飲んだ薬の成分が母乳に移行して、赤ちゃんが飲んでしまう場合もあります。自己判断で薬を使用するのはやめましょう。

医師の処方を受けるか、薬剤師に聞いてから服用してください。

カロナールだったら?

先生(女性)
カロナールは、赤ちゃんも飲める薬です。授乳中でも使用可能です。

葛根湯だったら?

先生(女性)
乳腺炎の治療として医師に処方された葛根湯は服用できます。
ただし、市販の葛根湯を自己判断で使用をするのはやめましょう。

市販の葛根湯は、様々な成分を混ぜているものも多いです。そのため、必要ない成分まで体に取り込むことになります。

病院に行くべき目安

乳腺炎になりかけで、病院に行くべきか悩んでいます。
ママ
先生(女性)
軽症の場合は、乳房マッサージをしたり、赤ちゃんに母乳をあげていると次第によくなることが多いです。
ただし
  • 発熱(38度以上)がある
  • 乳頭から黄色い、濁った、においの強い母乳がでてくる
  • 乳房が赤く腫れてカチカチ
  • 寒気・倦怠感がある
といった症状が出てきた場合は、我慢せずに病院に相談に行きましょう。

母乳のつまりを放置していると症状が悪化することが多くなります。

膿が溜まっている場合には膿を出すために切開することがあります。炎症が強ければ、抗生剤の点滴することもあります。

病院は何科?

先生(女性)
乳腺外科を受診しましょう。

産婦人科(産科)の先生も軽症の乳腺症には対応してくれることが多いです。ただし処置が必要なほどの乳腺炎に対しては対応できないこともあります。

近くに乳腺炎の相談ができる乳腺科の先生がいるかどうかは、助産師さんが詳しいことが多いです。相談できる方が近くに居る場合は聞いてみましょう。

乳腺外科を探す

合わせて読みたい
2020-11-06
ズキズキ…。チクチク…。授乳中に、「胸が痛い!」胸が熱をもっているし、悪寒もする…。もしかしたらそれは「乳腺炎」かもしれません。

松本華英 先生

監修者

いとう新検見川クリニック

松本華英 先生

経歴

日本外科学会 専門医
いとう新検見川クリニック

初めての赤ちゃん
「わからないことだらけ」のママ・パパへ

夫婦で共有できる育児記録アプリ「ベビレポ」なら、授乳タイマーや写真日記、成長曲線チェックなど、新米ママ・パパが欲しい機能が揃っています。

\ベビレポはこちら/ベビレポ

ダウンロードページ

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
不正確な箇所についてのご指摘
※「上から2番目の画像が不鮮明」「最初の段落の◯◯という情報の追加を希望する」等、問題箇所についてご指摘いただけたら幸いです。

貴重なご意見をありがとうございます
kosodate LIFE(子育てライフ)はよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

Ranking
ランキング

New
新着