【医師監修】産後ママの外出はいつからOK?外出できないストレス解消法も

【医師監修】産後ママの外出はいつからOK?外出できないストレス解消法も

公開日:2019-10-25 | 更新日:2020-08-31

出産後、「早く外出したい!」というママは必読です。

産後の外出は、何週間たったらOKなのか、体がどんな状態になったら問題ないのか、お医者さんに聞きました。
動けなくてストレスを感じるときの「モヤモヤ解消法」も紹介します。


岡村信良 先生

監修者

医療法人 小田原博信会 久野銀座クリニック

院長
岡村信良 先生

経歴

早期発見、早期治療を心がけ、健康で心豊かな人生を歩んでいただくことを願っており、内科・消化器内科を中心に幅広い情報の発信に努める。

2006年 北里大学大学院卒
2008年 平塚共済病院内科医長を経て小田原銀座クリニックに入職、その後院長に就任
2013年 久野銀座クリニックを開業

産後の外出はいつから?

産後の外出のOK目安を教えてください。
ママ
先生(男性)
産後の外出は、できれば出産1ヶ月後からにしましょう。

産後の1ヶ月検診を受けて、悪露が減って「子宮が順調に回復している」と診察を受けたら、赤ちゃんと一緒に徐々に外出範囲を広げていきましょう。

産後の外出を避けた方がいい理由

先生(男性)
産後(産褥期:産後6〜8週間まで)は、出産に向け変化していた体が、急激に元に戻ろうとします。身体的にも精神的にも大きな負担がかかります。

この時期に無理をして体を動かすと、悪露がひどくなったり、一気に体のバランスが崩れ体調を壊したり、骨盤に負担がかかったりして、腰痛や体調不良を招きます。ホルモンが産後一気に減少して、疲れや疲労を感じやすくなる人もいます。さらに新生児のお世話が生活に加わり負担が増えています。

無理して色々頑張ろうとして、「産後うつ」の原因になる場合もあります。

産後1ヶ月は、自分自身の体を回復させ、赤ちゃんとの新しい生活に慣れるための期間です。

上の子どもがいる場合でも、産後1ヶ月が過ぎるまでは、できるだけパパや他の家族に代わってもらうようにしましょう。

先生(男性)
通常分娩の人も、見た目は元に戻るため無理をしがちですが、体の中の変化、ホルモンバランスの変化は、多大です。

産後の外出で気をつけること

無理な外出はしない方がよいですが、気分転換なども必要なので適度な外出は必要です。

先生(男性)
産後どうしても外出が避けられないときは
・無理して長時間立ちっぱなし
・寒い場所で体を冷やす
・急激な運動
・長い時間歩く
ことは避けてください。

悪露の悪化や貧血などを引き起こす場合もあります。

産後1週間の外出の注意点

近所を少し歩く場合でも、天候や気候が悪い場合は控えましょう。暑さで急に体調が悪くなったり、冷えて体調が悪化したり、免疫も低下しているので、外でウイルスや病気をもらってしまう可能性もあります。

産後2週間の外出の注意点

どうしても外出する場合は、近所に留めてください。体調に変化があった場合は、すぐに帰宅できる範囲にしましょう。

※回復には個人差が大きい時期です。赤ちゃんのお世話にも慣れてきて、無理をしがちな時でもあります。

産後1ヶ月以内の外出の注意点

悪露が減り、体が動きやすくなる時期です。ただし体の中はまだ万全ではありません。近所や家の中を少し動いて、軽い家事をする程度にしましょう。

産後1ヶ月以降の外出の注意点

医師の検診を受け、順調であれば、赤ちゃんと一緒に、日中、買い物や日光浴で近所を散歩できるようになります。

先生(男性)
体調には、個人差があります。人と比較することなく、ゆっくり自分のペースを守るようにしましょう。

外出できなくてストレスを感じるとき

ママ
外出できなくてストレスを感じます!よいストレスの解消法はないでしょうか?

おすすめ1「とにかくしっかり寝る!」

先生(男性)
体を元の状態に戻すためにも睡眠をとりましょう。

赤ちゃんのお世話の合間に時間が空いたら、とにかく眠り、体調を快方に向かわせましょう。

おすすめ2「出産のご褒美をネット探す」

先生(男性)
出産のご褒美に、外出するときに着る新しい洋服や赤ちゃんグッズを、通信販売やネットでお買い物してはいかがでしょうか。

楽しみがあれば、1ヶ月もあっという間ですよ。美味しいものや気持ちが上がるものを取り寄せて、食べるのもいいですね。

先輩ママの産後の過ごし方

先輩ママは「産褥期」をどう乗り切ったのか、「動けない時間」をどう過ごしたのかはこちらの記事で紹介しています。

産後の過ごし方。産後すぐ~産褥期終わりまで。暇つぶしや回復を早めるためにできること

先輩ママから「無理して失敗した話」や「早く回復するために行ったこと」も聞いたので「どうやって過ごそう・・・」と思っているママは、ぜひ参考にしてみてくださいね。


岡村信良 先生

監修者

医療法人 小田原博信会 久野銀座クリニック

院長
岡村信良 先生

経歴

早期発見、早期治療を心がけ、健康で心豊かな人生を歩んでいただくことを願っており、内科・消化器内科を中心に幅広い情報の発信に努める。

2006年 北里大学大学院卒
2008年 平塚共済病院内科医長を経て小田原銀座クリニックに入職、その後院長に就任
2013年 久野銀座クリニックを開業

オシャレママになれる♡

「おしゃれなマタ服、どこで売ってる?」
「お腹が目立たない服がほしい!」

そんな妊婦さんは必見♡
大人可愛いファッションアイテムは、マタニティ通販の「SWEET MOMMY」で探してみよう♪

不正確な情報を報告

不正確な情報を報告

修正箇所
メールアドレス
※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
コメント(オプション)

貴重なご意見をありがとうございます
kosodate LIFE(子育てライフ)はよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
送信エラー
大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

Ranking
ランキング

Tag
タグ

幼児 小学生 0歳 1歳 妊娠中 新生児 妊娠中の体調不良 ストレス対策 妊娠初期 産後 子育て中 誕生日 料理やレシピ 2歳 妊娠後期(臨月) 初産 産後の体調不良 妊娠中の過ごし方 発熱 マンガ 旦那のこと 母乳育児 出産 産後の過ごし方 幼稚園 ワーキングマザー 下痢 3歳 腹痛 妊娠の兆候 ゴルシさおりさんの子育て漫画 ちとせ育児 マッマさんの「2歳差兄妹、育てるンゴwww」 産婦人科 予防接種 兄弟姉妹 2人目出産 赤ちゃん 発疹や湿疹 インフルエンザ 星田さんの「6さい差兄弟日記」 めめさんの「育児絵日記」 麦さんの「子育て絵日記」 さとうゆきさんの「育児漫画」 ようみん。さんの育児漫画 うえだしろこ「桃金兄弟と母の日常」 みそさんの「子育て漫画」 寝かしつけ 便秘 手足口病 出産の兆候 頭痛 時短テクニック 中耳炎 嘔吐 経産婦 水疱瘡 親のこと 貯金 勉強 ロタウイルス おしゃれママになろう とびひ おたふく風邪 風邪 みかみかんさんの「育児漫画」 あやのこうじさんの「育児漫画」 おやまさんの「育児日記」 着床出血 ヘアスタイル 出産の痛み 子供 マイコプラズマ 結膜炎 ぽぽこさんの「育児漫画」 塩りさんの「もちごめ絵日記」 出産入院 つわり ダイエット ものもらい 帝王切開 里帰り出産 鼻づまり 習い事 突発性発疹 RSウイルス 美容院 子連れのお出かけ 掃除 陣痛 乳児湿疹 痰がらみ おなら 妊娠中期 ママ友のこと 2人目育児 コーディネート イヤイヤ期 洗濯