病気と健康
EPARK REPORT ロゴ病気と健康

【症状】の病気と健康についての記事一覧

食事中によくむせる人は嚥下障害の可能性。症状と治し方+予防方法

【執筆・監修】
白畑敦(しらはた胃腸肛門クリニック横浜)
白畑敦先生 しらはた胃腸肛門クリニック横浜
【経歴】

平成14年5月  昭和大学藤が丘病院 消化器外科臨床研修医
平成16年5月  昭和大学藤が丘病院 消化器外科助教(院外)
平成18年6月  幕内会 山王台病院 外科
平成19年6月  昭和大学藤が丘病院 消化器外科助教
平成20年6月  関東労災病院 外科
平成21年6月  昭和大学藤が丘病院 消化器外科 助教
平成24年10月  横浜旭中央総合病院 外科、昭和大学藤が丘病院 兼任講師
平成29年11月 しらはた胃腸肛門クリニック横浜を開業、院長に就任

 

食べ物を口に入れ、咀嚼し、のみ込む一連の流れは誰でもやっている行為です。健康な人が食べる時は意識して物を飲み込むことはありません。しかし、実はこの仕組みはとても複雑で多くの器官のさまざまな動きが関わっているのです。
続きを読む

EPARKレポート-病気と健康

インフルエンザ脳症とは|重症化すると後遺症も。大人も発症する?

【執筆・監修】
荒牧竜太郎(荒牧内科院長)

【経歴】
福岡大学病院
西田厚徳病院
平成10年 埼玉医科大学 卒業
平成10年 福岡大学病院 臨床研修
平成12年 福岡大学病院 呼吸器科入局
平成24年 荒牧内科開業

 

今年のインフルエンザ再流行も徐々に落ち着き始めたようです。今回は油断できないインフルエンザ脳症のお話です。

ところで、どうしてインフルエンザに罹患(りかん)すると登園・登校が停止になり、欠席の人数が多い場合は学級閉鎖にまでなるのでしょう。

もちろん、インフルエンザの感染力が高いため、他人への感染を防ぐためでもありますが、「感染してしまった人の体力を温存し、インフルエンザの重症化を防ぐ目的」もあります。重症化した場合のインフルエンザ脳症等が危惧されるからです。

インフルエンザ脳症は、重度になると後遺症を残し、時には命を落とす場合もあるのです。

続きを読む

EPARKレポート-病気と健康

痛みが出やすいのは、足の親指の付け根!痛風予防のためにできること

http://okusuritecho.epark.jp/2018campaign/04/dl-campaign.html?utm_source=epark.jp&utm_campaign=techo_dlcp_2&utm_medium=banner&utm_content=column_117&utm_term=201810

【執筆・監修】
岡村長門(岡村クリニック)
岡村長門(岡村クリニック)
【経歴】
戸田中央総合病院
埼玉医科大学
公立昭和病院
岡村医院
岡村クリニック

 

「痛風にかかるととても痛い、風が吹いても痛い」
「お酒をたくさん飲む人がかかる病気」などと聞くことがある痛風。
今回は、痛風がどんな病気なのか、原因から治療方法まで解説します。

続きを読む

EPARKレポート-病気と健康

【医師が解説】今年のインフルエンザの症状と特徴!【2019年】

現代の日本において、赤痢という疾患は、過去のものだと思われていました。 しかし、ここ数年の間に、国内で赤痢の集団感染が発生したという報告がありました。 日本は、戦後間もない頃のような、不衛生な環境から脱し、こんにちでは、世界でもトップクラスの、衛生的な環境を誇っています。 そんな日本でも、再び赤痢の集団発生が起こるのです。 ■主な症状は、下痢・腹痛・発熱など 赤痢(細菌性赤痢)とは、腸内細菌科(※)に属する赤痢菌に、感染して起こる、腸管感染症です。 ※腸内細菌科:真正細菌の分類上の1グループ 感染すると、大腸粘膜に炎症を起こすケースが多く、潰瘍を形成し、次のような症状が生じる場合もあります。 ・下痢 ・腹痛 ・発熱など 赤痢菌(Shigella属細菌)は、特徴別に4種類(※)に分類されています。 ※ディゼンテリー菌・フレキシネル菌・ボイド菌・ソネイ菌 日本の赤痢患者の、70~80%は、ソネイ菌が占めています。 赤痢は、これらの赤痢菌に汚染された、水・食品を、口から摂取すると、感染します。 また、赤痢患者や赤痢菌を保菌している人のふん便で、間接的に赤痢菌が入ってくることで感染するケースもあります。 ・汚染された手・指 ・食器 ・ハエなど ■海外から持ち込まれるの? 日本では、戦後しばらくの間、衛生水準の低さから、赤痢患者数は10万人を超えていました。 しかし、1965年頃から衛生面が改善され、患者数は激減したとされています。こんにちの衛生水準が高い日本で、赤痢の感染が起きた原因は、海外から持ち込まれたケースが多いと考えられています。 インド・タイ・インドネシアなどの、アジア地域が感染地として、多い傾向にあります。 ■潜伏期間は1~3日 口から侵入した赤痢菌は、小腸内で増殖し、その後は主に、大腸壁の細胞に入ってきます。 すると、上皮細胞(※)の壊死(えし)・脱落が起こり、次のような症状を生じます。 ・腹痛 ・血性下痢(赤痢菌が原因で起こる感染性腸炎) ※上皮細胞:皮膚や粘膜などの上皮組織を形成する細胞 通常では、赤痢菌が侵入してから、1~3日ほどの潜伏期間の後で発症するケースがほとんどです。 発症すると、次のような症状が出ます。 ・寒気を伴う38~39度の発熱 ・全身倦怠(けんたい)感 ・腹痛 ・水溶性の下痢 ・粘液が混ざっている血便など 発熱は、1~2日間くらい、続く場合が多いです。 近年では、重症化は少なく、軽度の症状で、発熱・数回の下痢を起こすケースが多くなっています。 しかし、高齢者や子供、免疫不全のある人は、重症化する恐れがあるため、要注意です。 ■抗菌薬の服用治療後に、2~3回の検便 赤痢の治療方法は、成人と小児に分け、抗菌薬を使った薬物療法を行います。 成人:ニューキノロン薬…細菌の増殖を阻害して、抗菌作用を現す 小児:ホスホマイシン…細菌の合成を阻害して、抗菌作用を現す 一般的には、常用量を5日間、服用します。 赤痢菌排除の有無判定には、治療終了後、48時間以上経過してから、2~3回の検便が行われます。 2回の陰性判定を経て、除菌終了と判断されます。 また、薬物療法に加え、対症療法(※)が行われます。 強い下剤は使用せず、乳酸菌・ビフィズス菌などの整腸剤を、併用する場合もあります。 脱水症状が強い場合には、点滴が行われることもあります。 ※対症療法:出ている症状を緩和する治療 ■感染を防ぐためには ①赤痢菌が口から侵入しない環境を作る 手洗いを、徹底します。 赤痢菌の流行地域では、次の飲食を禁止します。 ・生水 ・生もの ・氷など ②衛生水準の向上 上下水道の整備により、感染経路を遮断します。 ③各家庭での調理に気を付ける 食品は、十分な加熱調理をして、食べるようにします。 まとめ 赤痢菌の診断は、検便により、病原体分離・同定(※)すると判断されます。 ※病原体分離・同定:細菌を培養(分離)し、特定すること(同定) 感染症法の三類感染症に定められており、診断後は、すぐに最寄りの保健所に届け出るのが義務(※)になっている感染症です。 赤痢菌の、家庭内での二次感染は、40%にものぼります。 家族に赤痢菌感染が認められた場合には、感染者以外の人も、検便の検査を受けて、赤痢菌保菌の有無を確認するようにしましょう。 ※厚生労働省HP細菌性赤痢「感染症法に基づく医師及び獣医師の届出について」https://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou11/01-03-02.html 【参考文献】 日本性感染症会誌vol.19,No.1 suppol.2008「赤痢アメーバ症」より http://jssti.umin.jp/pdf/guideline2008/02-17.pdf 国立感染症研究所HP「細菌性赤痢とは」より https://www.niid.go.jp/niid/ja/encycropedia/392.../406-dysentery-intro.html

【執筆・監修】
内科医 岡村信良(医療法人 小田原博信会 久野銀座クリニック)
内科医・岡村信良
【経歴】
平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック

インフルエンザが流行する季節が訪れました。
あらかじめワクチン接種をするなど、感染予防で医療機関を受診する際は、
お薬手帳をお忘れにならないよう気をつけてください。

インフルエンザは、インフルエンザウイルスを病原とする感染症です。
一般的な風邪とは別物と考えられており、インフルエンザの方が重症化しやすいとされています。
インフルエンザは、秋・冬に流行のピークを迎えます。
すでに日本でも発生しており、学級閉鎖を行う学校も出ています。

インフルエンザの薬がすぐにもらえる!薬局で待ち時間ナシ!

続きを読む

EPARKレポート-病気と健康

男性の更年期障害!日常生活で気をつけるべき大切な4つのこと

男性の更年期障害について

【執筆・監修】 岩瀬利郎(医療法人弘心会 武蔵の森病院院長)
医療法人弘心会武蔵の森病院院長・岩瀬利郎
【経歴】 浜松医科大学 ・同大学院修了・博士(医学) 埼玉医科大学精神医学教室 石心会狭山病院(現埼玉石心会病院)精神科部長 医療法人弘心会 武蔵の森病院副院長を経て平成23年4月より現職

  「更年期障害」は、女性だけが発症するものと思っていませんか? ところが、男性も更年期障害になることがあるのです。 男性には月経がないので、閉経の前後5年を指す「更年期」もありません。 しかし、加齢とともに男性ホルモンの分泌が減少し、女性の更年期障害と同じような症状が出てくることがあります。 その状態を「男性の更年期障害」と呼ぶことがあります。 発症しない人もいますが、男性ホルモンの分泌が減少し始める40歳以降なら、誰でも更年期障害になり得るといわれています。 続きを読む

EPARKレポート-病気と健康

【2018年】手足口病。大人への感染も!お風呂やプールはいつからOK?

【2018年】手足口病まとめ。約半数がエンテロウイルス感染者

【執筆・監修】
小児科医 武井智昭(なごみクリニック)
武井智昭先生
【経歴】
平成14年に慶應義塾大学医学部卒業

手足口病とは、その名の通り、手や足・口に発疹ができる感染症です。

医学的な説明では、口腔(こうくう)粘膜や手足に水疱(すいほう)性の発疹ができる急性のウイルス性感染症をさします。

近年、日本で発生している手足口病の病原ウイルスには次のようなものがあります。

・コクサッキーウイルスA16(CA16)、

・コクサッキーウイルスA6(CA6)

・コクサッキーウイルスA10(CA10)、

・エンテロウイルス71(EV71)
などがあります。この他にもコクサッキーウイルスBやエコーウイルスなどが原因になることもあります。

主に乳幼児を中心に流行する疾患ですが、まれに大人も感染するのです。

続きを読む

EPARKレポート-病気と健康

【医師が解説!】糖尿病とEDって関係あるの? 女性の場合は?

糖尿病とEDって関係あるの? 女性の場合は?

【執筆・監修】
内科医 岡村信良(医療法人 小田原博信会 久野銀座クリニック)
内科医・岡村信良
【経歴】
平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック

「勃起機能の低下」を意味する、ED(Erectile Dysfunction)。
「糖尿病の人はEDになる」と、聞いたことがある人もいると思います。果たしてこれは本当なのでしょうか?
その関係性と仕組みを解説します。

「女性の場合は関係ある?」「諸説もある?」など糖尿病とEDにまつわる、周囲には聞くに聞けない質問にもお答えします。
親や親戚など、糖尿病にかかった人が身内にいる方は、必見です。
自分だけでなく、パートナーとも一緒に考えてみましょう。

続きを読む

EPARKレポート-病気と健康

脳卒中の症状で来院する患者と脳神経外科の、ちょっとイイ話

脳神経外科というと大病の患者が通院するイメージですが、実際には、それだけではありません

【執筆・監修】
脳神経外科 売野智之(寿町クリニック)
脳神経外科医・売野智之  
【経歴】
⽇本脳神経外科学会 脳神経外科専門医 身障者福祉法指定医 1993年 私立開成中学・高校卒業 1999年 昭和大学医学部卒業、東京女子医科大学病院 脳神経外科入局 2005年 東京女子医科大学大学院脳神経外科学修了 脳神経外科 助教 北海道、関東にて各救急総合病院 脳神経外科医長等歴任 2011年 平成立石病院 脳神経外科勤務 2016年 寿町クリニック 院長 続きを読む

EPARKレポート-病気と健康

ぜんそくの症状、正しく理解できてる?発作を止める薬・予防する薬

毎日の小児ぜんそくのケアも大変ですが、お薬の理解や治療法をもっと知って日々のケアを確かなものにしましょう

【執筆・監修】
荒牧竜太郎(荒牧内科院長)

荒牧先生
【経歴】
福岡大学病院
西田厚徳病院
平成10年 埼玉医科大学 卒業
平成10年 福岡大学病院 臨床研修
平成12年 福岡大学病院 呼吸器科入局
平成24年 荒牧内科開業

20年ほど前に比べると、ぜんそくの患者数は増加傾向にあります。とりわけ小児ぜんそくは、アレルギーが関係していることが多いといわれています。
風邪だと思って医療機関へ行ったら「ぜんそく」と診断されることもあります。
厚生労働省の報告(平成28年)によれば、小児ぜんそくの割合が30年前は1%だったものが、最近では5%と増加しています。

続きを読む

EPARKレポート-病気と健康