病気と健康
EPARK REPORT ロゴ病気と健康

【いびき対策!】いびきをかくのは熟睡している証拠?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
EPARKレポート-病気と健康

【執筆・監修】
荒牧竜太郎(荒牧内科院長)

荒牧先生
【経歴】
福岡大学病院
西田厚徳病院
平成10年 埼玉医科大学 卒業
平成10年 福岡大学病院 臨床研修
平成12年 福岡大学病院 呼吸器科入局
平成24年 荒牧内科開業

あなたはいびきをかきますか? よく「いびきをかくのは熟睡している証拠」と言う人がいますが、医学的にはどうなのでしょう? 実は、いびきをかく人ほど、睡眠がぐっすりととれていないことが、多いのです。 そればかりか、睡眠時無呼吸症候群(以下SAS)や、慢性疾患などを引き起こす可能性さえ、指摘されています。 あなたのスマホが、お薬手帳になります!

いびきをかく仕組み

鼻腔(びくう)から喉、気管支に至るまでの、空気の通り道を「気道」と言います。 いびきは、この気道を通るときに生じる、振動音です。 気道が狭くなっていなければ、いびきはかきません。 しかし、睡眠中はあおむけになるため、喉の軟口蓋(なんこうがい)と言われる部分や、舌根(ぜっこん)が落ち込みます。 睡眠中は、喉のまわりの筋肉がゆるみやすくなり、空気の通り道である気道を狭くしてしまいます。 そのため、呼吸の際の空気抵抗を高めてしまい、粘膜が震えて、音が出るようになります。 これが、いびきの仕組みです。

いびきを「いつも」かく?「たまに」かく?

散発性いびき

散発性いびきとは、「普段はいびきをかかないのに、お酒を飲んだ時にいびきをかく」ような、一時的に現れる症状をいいます。 普段、いびきをかかない人でも、次のような時は、いびきをかきやすくなります。

  • かぜをひいて、へんとうが腫れている
  • 花粉症で鼻が詰まっているなど

習慣性いびき

習慣性いびきとは、「寝ている時は、いつもいびきをかいている」です。 習慣性いびきの人は、SASの可能性が十分考えられるため、早めの治療が必要です。

無呼吸だと、脳・体が酸欠状態に…

SASになると、睡眠時の無呼吸や低呼吸によって、脳・体も「酸欠状態」に陥ります。 当然、眠りの質は、悪くなります。 それに伴い、さまざまな症状が、現れるようになります。 代表的な症状は、次のとおりです。

  • 日中の強い眠気
  • 集中力・記憶力の低下
  • 作業効率の低下
  • 頭痛
  • 夜間頻尿
  • 疲労感
  • うつなど

無呼吸が起こす疾患は、不整脈・脳卒中など

SASによる無呼吸時に、血液中の酸素が過剰に不足すると、次のような循環器疾患が起こりやすくなります。

  • 心筋梗塞
  • 脳卒中
  • 不整脈

夜間に無呼吸を起こすと、交感神経が興奮し続けるために、自律神経が乱れてしまいます。 その結果、内分泌系にも悪影響を及ぼし、次のような合併症を発症する可能性も高まります。

  • 動脈硬化症
  • 糖尿病
  • 高血圧症など

米国で、SAS患者を調査した研究では、循環器疾患で死亡するリスクは、健康な人の5.2倍も高いことが報告されています。

10秒以上の無呼吸が、一晩に30回以上

SASは「10秒以上続く無呼吸が一晩(7時間以上の睡眠中)に30回以上、もしくは睡眠1時間に平均5回以上起こる」と定義されています。 しかし、眠っているときの症状は、自分では確認することができません。 家族や、パートナーに様子をみてもらうといいでしょう。 医療機関を受診すると、体にさまざまなセンサーをつけて測定を行い、SASのタイプや無呼吸の程度、合併症の有無などを診断します。 中等症以上の方に、用いられる治療方法が、「CPAP(シーパップ)による治療」です。 CPAP療法とは、睡眠時に、鼻や口にマスクを装着し、小型の装置から気道を開くように空気を送り、その圧で気道を広げ、気道の閉塞(へいそく)や狭窄(きょうさく)を防げる治療です。

いびきを、かきにくくするには

SASの根本的な治療にはなりませんが、一時的にSASを軽減させ、いびきをかきにくくする方法があります。 そのひとつは、横向きで寝ることです。 舌の落下が起きにくく、気道が広がるので、いびきをかきにくくなります。 鼻で呼吸する習慣を、つけることも大切です。

まとめ

「いびき」の中には、さまざまな問題が隠されています。 睡眠の質の低下が、日常生活の質を低下させると言っても、過言ではありません。 周囲から「いびき」の指摘を受けた人は、「たかがいびき」と軽く考えるのではなく、一度自分のいびきの状態と向き合ってみませんか?

【参考文献】 『睡眠時無呼吸症候群を治す!最新治療と正しい知識』白濱龍太郎監修 日東書院本社 『睡眠時無呼吸症候群がわかる本』成井浩司著 法研 『いびきのことがよくわかる本』高山幹子著 小学館 一般社団法人日本呼吸器学会HP 呼吸器の病気「睡眠時無呼吸過眠症候群(Sleep Apnea Syndrome:SAS)」 http://www.jrs.or.jp/modules/citizen/index.php?content_id=42 薬局で、待たずにお薬を受け取ることができます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加