病気と健康
EPARK REPORT ロゴ病気と健康

【インフルエンザ】の病気と健康についての記事一覧

インフルエンザの予防投与の効果|費用は保険適応?誰でも受けられる?

予防投与

【執筆・監修】
内科医 岡村信良(医療法人 小田原博信会 久野銀座クリニック)
内科医・岡村信良
【経歴】
平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック

インフルエンザの予防投与について解説。
受験生やどうしても仕事を休めない方など、絶対にインフルエンザにかかるわけにはいかないという場合もありますよね。
こんなとき、予防投与によって発症を抑えることは可能なのでしょうか。
「予防投与は誰でも受けられるの?」
「費用は?保険は適応されるの?」
「投与してどれくらいの時間で効果が出るの?」
このような疑問について、医師に詳しく伺いました。
ぜひ参考にしてください。

続きを読む

EPARKレポート-病気と健康

効果は?インフルエンザ予防のアルコール消毒|除菌抗菌はNG!殺菌を

アルコール消毒

【執筆・監修】
内科医 岡村信良(医療法人 小田原博信会 久野銀座クリニック)
内科医・岡村信良
【経歴】
平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック

インフルエンザはアルコール消毒で予防できるのでしょうか。
発症すると、高熱、関節痛などが症状として現れ、仕事や学校にも行けないつらい状態が続くインフルエンザ。
高齢者や子ども、妊婦などは、重篤化することもあるので、出来れば感染する前に予防したいですよね。
この記事では、インフルエンザ対策にアルコール消毒は有効なのか、さらに消毒の仕方などを解説しています。

続きを読む

EPARKレポート-病気と健康

【嘘orホント】紅茶でインフルエンザ予防|砂糖やミルク入りも効果ある?

紅茶

【執筆・監修】
栄養士・食育栄養インストラクター 神原李奈

【経歴】
株式会社Luce・健康検定協会 所属
CA(客室乗務員)の仕事をきっかけに、健康と食の強い結びつきを実感し、食の世界に興味を持つ。大手料理教室の講師の経験を経て、栄養士を目指すことに。栄養士免許を取得後の現在は、現役CAとして世界中を飛び回りながら、栄養士として健康や食に関する情報を発信している。

紅茶がインフルエンザ対策に効果を発揮するという話を聞いたことがありますか?
もしこれが本当なら、積極的に紅茶を飲んで、インフルエンザを予防したいですよね。
そこでこの記事では、紅茶のインフルエンザ予防に関する真偽を、栄養士さんに伺いました。
「紅茶の種類や、砂糖・ミルク入りなど飲み方による効果に違いは?」
「いつ飲むのがおすすめ?」
こういった疑問にもお答えしています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

続きを読む

EPARKレポート-病気と健康

なぜ?インフルエンザで微熱が続く原因|いつ下がる?高熱後のケースも

体温計

【執筆・監修】
内科医 岡村信良(医療法人 小田原博信会 久野銀座クリニック)
内科医・岡村信良
【経歴】
平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック

インフルエンザにかかって解熱後なのに微熱が続く…。
何日くらい下がらなかったら病院へ行くべき?
など、長引く微熱にお悩みの方も多いのではないでしょうか?
この記事では、インフルエンザで微熱が続く原因と対処法をご紹介します。また、病院へ行くタイミングも合わせて解説しているので参考にしてみてくださいね。

続きを読む

EPARKレポート-病気と健康

インフルエンザでNGな解熱剤|カロナール、ロキソニンは?飲んでしまったら?

薬

【執筆・監修】
内科医 岡村信良(医療法人 小田原博信会 久野銀座クリニック)
内科医・岡村信良
【経歴】
平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック

インフルエンザで高熱が出たら、一刻も早くつらい熱から解放されたいですよね。
そんなとき、解熱剤を使ってもいいの…?
この記事では、インフルエンザの高熱に解熱剤を使用しても良いのか、また、市販の解熱剤の使用はOKなのかを解説します。
さらに、飲んではいけない解熱剤や、インフルエンザ脳症やライ症候群の発症リスクについてもご紹介します。

続きを読む

EPARKレポート-病気と健康

発症して何時間?インフルエンザ検査のタイミング。早いor過ぎた場合は?

検査

【執筆・監修】
内科医 岡村信良(医療法人 小田原博信会 久野銀座クリニック)
内科医・岡村信良
【経歴】
平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック

高熱が出て、体もダルい。もしかしてインフルエンザかも…!?
そんなとき、インフルエンザの検査をするベストな時間は一体いつなのでしょう?
この記事では、検査で正しい反応が出るのは発熱後何時間後なのか、その時間よりも検査を受けるのが早かったり、遅かったりすると正しい結果が出ないのか、詳しく解説します。
また、検査結果が出るまでにかかる時間や費用などもお伝えしているので、インフルエンザの疑いがある方は参考にしてみてくださいね。

続きを読む

EPARKレポート-病気と健康

いつからいつまで?インフルエンザがうつる期間|発症直後が一番うつりやすい

インフルエンザ うつる

【執筆・監修】
内科医 岡村信良(医療法人 小田原博信会 久野銀座クリニック)
内科医・岡村信良
【経歴】
平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック

インフルエンザがうつる期間はいつからいつまでなのでしょうか?
「インフルエンザの症状がだいぶ落ち着いたからもう人に会っても大丈夫!」
こんな風に、自己判断をしてしまうのはとても危険です。
この記事では、インフルエンザウイルスが感染力を持つ期間、また、A型とB型ではうつる期間に違いがあるのかについて、詳しく解説します。

続きを読む

EPARKレポート-病気と健康

なぜ?インフルエンザで熱が上がったり下がったり。再び病院へ行くべき?

インフルエンザ 熱 上がったり 下がったり

【執筆・監修】
内科医 岡村信良(医療法人 小田原博信会 久野銀座クリニック)
内科医・岡村信良
【経歴】
平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック

インフルエンザで熱が上がったり下がったりするのはなぜなのでしょう。
インフルエンザを発症すると全身の痛みや関節痛、40度以上の発熱がみられ大人でも動くことができなくなる場合があります。
「せっかく高熱が下がってきたのに、また熱が上がってきた…!」
こんなときは、一刻も早く症状を改善したいですよね。
なぜ、インフルエンザで熱が上がったり下がったりするのか、原因から対処法まで詳しく医師に伺いました。
続きを読む

EPARKレポート-病気と健康

インフルエンザ発症中~解熱後の食事はこれがおすすめ!食欲ない時は?

インフルエンザ 食事

【執筆・監修】
管理栄養士 望月理恵子
管理栄養士・望月理恵子
【経歴】
株式会社Luce代表/健康検定協会理事長、山野美容芸術短期大学講師、服部栄養専門学校特別講師、日本臨床栄養協会評議員、ダイエット指導士、ヨガ講師、サプリメント・ビタミンアドバイザーなど栄養・美容学の分野で活動をおこなっている。

もし身近な人がインフルエンザに感染して看病するとしたら、どんな食事を用意するのが良いのでしょうか?
さらに、解熱後はどんな食事にしていけば良いのかも気になりますよね。
この記事では、インフルエンザに感染しているときにおすすめの食事はもちろん、インフルエンザにかからないための予防レシピもご紹介いたします。
続きを読む

EPARKレポート-病気と健康

インフルエンザの感染経路で最もリスクが高いのは?家族間の対策はコレ

インフルエンザ 感染経路

【執筆・監修】
内科医 岡村信良(医療法人 小田原博信会 久野銀座クリニック)
内科医・岡村信良
【経歴】
平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック

秋〜冬、春先にかけて猛威をふるうインフルエンザ、感染経路はどこにあるのでしょう。
「家族や恋人で同じ料理を食べても感染するの?」「タオルは共有しても大丈夫?」
こういった疑問に医師がお答えします。
どのようにして感染するのか、どうすれば感染経路を絶つことができるのか、ぜひ参考にしてください。
続きを読む

EPARKレポート-病気と健康

インフルエンザに風邪薬は効く?飲んでしまった場合の対処法!

インフルエンザ 風邪薬

【執筆・監修】
薬剤師 石上和子
静岡薬科大学出身、現在、管理薬剤師として関東の薬局で活躍中。

インフルエンザを発症したとき、風邪薬を服用しても良いのでしょうか。
「風邪だと思って市販の風邪薬を飲んだけど、実はインフルエンザだった!」「インフルエンザに風邪薬は効くの?効かないの?」
こういった疑問に薬剤師がお答えします。
インフルエンザ発症時に風邪薬を飲んでしまった場合のリスクや対処法もご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。
続きを読む

EPARKレポート-病気と健康

インフルエンザA型とB型の違い|どっちが辛いの?同時にかかる?

AとB

【執筆・監修】
内科医 岡村信良(医療法人 小田原博信会 久野銀座クリニック)
内科医・岡村信良
【経歴】
平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック

インフルエンザにはA型とB型が存在します。この2つにはどのような違いがあるのでしょうか。
「症状がつらいのはどっち?」「両方同時にかかることはあるの?」
それぞれのインフルエンザの特徴やワクチンについて詳しく説明します。
続きを読む

EPARKレポート-病気と健康

2019|インフルエンザの予防接種の値段は?病院で違う理由・子どもの価格について

医療費 領収書

【執筆・監修】
内科医 岡村信良(医療法人 小田原博信会 久野銀座クリニック)
内科医・岡村信良
【経歴】
平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック

インフルエンザの予防接種の値段は病院によって違います。なぜ一律ではないのでしょうか?
この記事では、インフルエンザの予防接種の値段が病院によって違う理由、安い値段で予防接種を受けても大丈夫なのか、といった疑問をお医者さんに聞いてみました。
大人と子どもの値段の違いや、予防接種を安く受けられる方法についても触れていますので、ぜひ参考にしてみてください。
続きを読む

EPARKレポート-病気と健康

インフルエンザ予防接種後の飲酒はOK?前日は?|医師が解説

インフルエンザ予防接種飲酒

【執筆・監修】
内科医 岡村信良(医療法人 小田原博信会 久野銀座クリニック)
内科医・岡村信良
【経歴】
平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック

インフルエンザの予防接種の前日、飲酒してもいいのでしょうか?予防接種当日はいつから飲酒できるのでしょう?お酒を飲んだせいで予防接種の効果が薄まるようなことがあるとしたら、困りますよね。この記事では、インフルエンザの予防接種を受ける前後に飲酒するとどうなるのか、お医者さんに解説してもらいました。
続きを読む

EPARKレポート-病気と健康

なぜ?インフルエンザの予防接種で腫れる原因!対処法・いつまで続く?

インフルエンザワクチン

【執筆・監修】
内科医 岡村信良(医療法人 小田原博信会 久野銀座クリニック)
内科医・岡村信良
【経歴】
平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック

脳症や肺炎などを発症する恐れもあるインフルエンザは、予防接種を受けてなるべく避けたい病気です。しかし、インフルエンザの予防接種を受けると腕に腫れが出てしまうという人がいます。今回は、この「腫れ」が出るわけを解説します。
続きを読む

EPARKレポート-病気と健康

2019|インフルエンザの予防接種、いつからいつまで受けられる?妊娠中は?

インフルエンザ カレンダー

【執筆・監修】
内科医 岡村信良(医療法人 小田原博信会 久野銀座クリニック)

内科医・岡村信良
【経歴】
平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック
インフルエンザの予防接種は、毎年いつから受けられるのでしょうか。今回は、インフルエンザの予防接種を受けるのに適した時期などをご紹介します。
続きを読む

EPARKレポート-病気と健康

インフルエンザ予防接種の副作用の症状|いつ?子どもと大人は違う?

インフルエンザ 副作用

【執筆・監修】
内科医 岡村信良(医療法人 小田原博信会 久野銀座クリニック)
内科医・岡村信良
【経歴】
平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック

インフルエンザの予防接種による副作用についてご紹介します。
「予防接種を受けたあとに発熱や下痢の症状が…これって副作用?」「大人と子どもで、副作用の症状に違いはあるの?」
そんな疑問を医師が解決します。
すぐに病院に行くべき重篤な症状も教えてもらいましたので、心配な症状があらわれた場合はぜひ参考にしてください。
続きを読む

EPARKレポート-病気と健康

インフルエンザ脳症とは|重症化すると後遺症も。大人も発症する?

【執筆・監修】
荒牧竜太郎(荒牧内科院長)

【経歴】
福岡大学病院
西田厚徳病院
平成10年 埼玉医科大学 卒業
平成10年 福岡大学病院 臨床研修
平成12年 福岡大学病院 呼吸器科入局
平成24年 荒牧内科開業

 

今年のインフルエンザ再流行も徐々に落ち着き始めたようです。今回は油断できないインフルエンザ脳症のお話です。

ところで、どうしてインフルエンザに罹患(りかん)すると登園・登校が停止になり、欠席の人数が多い場合は学級閉鎖にまでなるのでしょう。

もちろん、インフルエンザの感染力が高いため、他人への感染を防ぐためでもありますが、「感染してしまった人の体力を温存し、インフルエンザの重症化を防ぐ目的」もあります。重症化した場合のインフルエンザ脳症等が危惧されるからです。

インフルエンザ脳症は、重度になると後遺症を残し、時には命を落とす場合もあるのです。

続きを読む

EPARKレポート-病気と健康

2019|高熱が出ないインフルエンザ!症状が軽く、周囲にうつす場合も

【執筆・監修】
荒牧竜太郎(荒牧内科院長)

荒牧先生
【経歴】
福岡大学病院
西田厚徳病院
平成10年 埼玉医科大学 卒業
平成10年 福岡大学病院 臨床研修
平成12年 福岡大学病院 呼吸器科入局
平成24年 荒牧内科開業

インフルエンザは一般的に、高熱と寒気、筋肉痛、咳(せき)、鼻水などの症状を伴います。一番分かりやすい症状が、38~39℃の発熱。でも、インフルエンザに感染しているものの39度の高熱にならず「やっぱり風邪か!」と思っていたら、しっかりインフルエンザに感染してしまっていた、という隠れインフルエンザのケースもあります。

自分が感染していると気づかないうちに、周囲の人をインフルエンザに感染させてしまう恐れがあるため、注意が必要です。ではさっそく気をつけるべき点について、説明していきましょう。

続きを読む

EPARKレポート-病気と健康

【医師が解説】なぜいま流行?インフルエンザB型の特徴と予防方法2019

【執筆・監修】
内科医 岡村信良(医療法人 小田原博信会 久野銀座クリニック)
内科医・岡村信良
【経歴】
平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック

インフルエンザの流行期といえば、早くて11月頃から始まり、2月頃まで流行が続きます。さらに長いと3月頃まで感染者が出るというイメージがあるのではないでしょうか。
しかし本年度は、暖かくなってきた4月以降も、インフルエンザの感染が増加しているという報告が各地で発表されているのです。

続きを読む

EPARKレポート-病気と健康