病気と健康
EPARK REPORT ロゴ病気と健康

大人もかかる溶連菌。感染・重症化を防ぐために

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
EPARKレポート-病気と健康
大人もかかる溶連菌。感染・重症化を防ぐために

【執筆・監修】
内科医 岡村信良(医療法人 小田原博信会 久野銀座クリニック)
内科医・岡村信良
【経歴】
平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック

 

溶連菌(ようれんきん)感染症は、お子さんをお持ちの方はよく耳にする疾患ではないでしょうか。
大人でもかかる疾病ですが、症状が出ずに治ることも多くあります。
ただ、溶連菌感染症はとても感染力が強く、合併症も起こしやすい疾患のため、軽視するのは危険です。


溶連菌感染症の薬がすぐにもらえる!薬局で待ち時間ナシ!

主な症状は発熱、喉の痛み

溶連菌感染症とは、溶血連鎖球菌(溶連菌)という細菌が喉に感染し、発症する感染症です。
主な症状は、発熱、喉の痛みなどです。
時々、手足や体に発疹が出ます。

また、中耳炎や皮膚に感染して「とびひ」(伝染性膿痂疹・でんせんせいのうかしん)を起こすこともあります。
まれに、次のような合併症を起こす場合があるので注意が必要です。

  • 腎炎(急性糸球体腎炎)
  • リウマチ熱
  • 壊死(えし)性筋膜炎など

溶連菌の発疹についてはこちらの記事をチェック▼
https://epark.jp/epark-report/kusuri/streptococcus-rash/

感染者が増えたわけ

近年、溶連菌感染症になったあと、引き続いて急性腎炎を起こすケースが増えています。
特にお子さんが溶連菌感染症にかかると、急性糸球体腎炎(※)を起こすことが多くあります。
※急性糸球体腎炎:一過性の急性腎炎症候群

日本では劇症型溶連菌感染症になる人が増加しています。
劇症型溶連菌感染は、生命の危険もある感染症です。
この疾病は溶連菌が多くの毒素を出すので、発症から24時間以内で症状が急激に悪化します。

敗血症性ショックを起こすと、腎機能障害や肝障害を合併します。
早期に治療を施さないと約30%の人が死亡するような感染症です。

劇症型の溶連菌感染症にかかる人が増えたのは、次の原因のためと考えられています。

予約にはこのアプリが
オススメ!


主な3つの原因:

  • 溶連菌保菌者の増加
  • 免疫力が低い高齢者の増加
  • 劇症型感染を引き起こす溶連菌の種類が増えた

他にも、診断方法が簡単になり、以前は見抜けなかった感染者を多く発見できるようになったのも、原因の一つと考えられます。

せき、くしゃみでうつる

溶連菌感染症と診断されると、抗生剤による服薬治療が行われます。
抗生剤を用いると、溶連菌感染症は快方に向かいますが、薬の服用はやめないでください。
薬の服用をやめると、快方に向かった症状がまた悪化したり、次のような疾病を起こしたりする恐れがあるからです。

  • 腎炎
  • リウマチ熱など

溶連菌感染症の治療は、決められた量の抗生剤をしっかり飲み切りましょう。
そして一ヶ月後に尿検査を受け、異常がないかを確認してください。
溶連菌感染症は、飛沫(ひまつ)感染で周囲に移す可能性があるので、感染防止のために、できるだけ人との接触を控えるようにしてください。

ストレス、過労…免疫力が落ちた時は注意

大人が溶連菌感染症に感染しても、症状が出ないまま治るケースが多いといわれています。
すでに、溶連菌に対する抗体を、持ち合わせている場合が多いからです。

また、症状が風邪の初期症状に似ているため、医療機関を受診しても溶連菌感染症を疑わず、検査をしないこともあります。

しかし、大人が溶連菌感染症を発症すると、子供よりも重症化したり、劇症型溶連菌感染症になったりすることがあります。そうすると、ショック症状や腎不全などの合併症を起こしやすくなり、命の危機に陥るリスクが高まります。

感染しやすいのは、ストレスや過労、睡眠不足などで、体力や免疫力が低下しているときです。
十分注意してください。

抗生剤の服用で、発熱・喉の痛み・重症化を抑える

溶連菌感染症の治療には、子供が感染したときと同じで、抗生剤(抗生物質)を服用します。
通常、熱は1〜2日で下がり、喉の痛みや発疹も軽減してきます。
その後、溶連菌が出す毒素に皮膚感染すると指先の皮がむけてきますが、こちらは3週間ほどで治まります。

溶連菌感染症は、処方された抗生剤を服用すると喉にいた菌がほぼ消失します。

また、服用から24時間以内に、人にうつす危険性もなくなります。
風邪薬などと比べると、抗生剤の服用期間は若干長くなります。

そのために、いつまで飲み続ければいいのか、疑問に思う方もいるかもしれません。
服用を途中でやめたら、よくなりかけた症状がまた悪化することもあります。
処方された薬は最後まで飲みきり、しっかり治すようにしてください。

あなたのスマホが、お薬手帳に!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加