病気と健康
EPARK REPORT ロゴ病気と健康

家系ラーメンが風邪に効く5つの理由と、本当に注意すべきこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
EPARKレポート-病気と健康
家系ラーメンには風邪を治す力があるって本当でしょうか

【執筆・監修】
管理栄養士 望月理恵子
管理栄養士・望月理恵子
【経歴】

株式会社Luce代表/健康検定協会理事長、山野美容芸術短期大学講師、服部栄養専門学校特別講師、日本臨床栄養協会評議員、ダイエット指導士、ヨガ講師、サプリメント・ビタミンアドバイザーなど栄養・美容学の分野で活動をおこなっている。

夏も終わり、いよいよ秋が到来すると、食べたくなるのは温かくて美味しいラーメン。

風邪をひいたら、お粥・うどんといった食事が一般的に知られていますが、最近では家系ラーメンが風邪に効くのでは?と注目されています。

一体、どういう栄養効果があるのでしょう。

予約にはこのアプリが
オススメ!

 

 

家系ラーメンが風邪に効くって本当?

家系ラーメンは神奈川県の横浜市発祥。豚骨醤油ベースのラーメンです。麺は太めのストレートが一般的で、多くの場合、具は海苔とほうれん草、チャーシュー。麺の硬さ・味の濃さ・油の量を選ぶことができます。

家系ラーメンが風邪に効くと言われるようになったのは、風邪の症状から回復しやすい働きがある食材が含まれているためです。

スープには炎症を抑える働き

家系ラーメンのスープは、豚骨と鶏油を使っているお店がほとんどですが、豚骨と鶏油には、抗炎症作用があるのではないかと考えられます。

アミノ酸の一種で、抗炎症作用がある「グリシン」が含まれているため、風邪の症状のひとつである鼻や、のどの炎症を抑える働きが期待されています。

ほうれん草は白血球の働きを活発に?

ほうれん草に含まれているビタミンCとβカロテンが、白血球の働きを活発にしてくれるのではないかと考えられます。

白血球の働きが活発になると、免疫機能が高まって風邪が早く治ることが期待されています。

海苔は粘膜を強化

海苔に含まれているβカロテンが、粘膜を強化すると考えられています。のどや鼻などの粘膜を強化することにより、ウイルスや細菌を体外に排出し、風邪が早く治ることが期待されています。

生姜の辛み成分が体を温める

家系ラーメンは、お好みで生姜をトッピングできます。その生姜に含まれているショウガオール (生姜の辛み成分)が、体を温めると考えられます。

体が温まると免疫機能が高まって、風邪が早く治ることが期待されています。

にんにくには殺菌効果が!

家系ラーメンは 、生姜と同じようににんにくも トッピング できます。にんにくに含まれているアリシンには 殺菌効果があり、風邪ウイルスを死滅させることが期待されています。

トッピングを工夫して風邪対策

さらにトッピングとして、体の代謝を高めたり体力をつけ る、たんぱく源のチャーシューやたまご、胃の消化を高めるキャベツ、ビタミンCの多いもやしなどを加えることでも風邪対策の期待ができます。

このように、家系ラーメンを食材ごとの栄養成分でみると、風邪が治りそうな気がしますよね。

ですが、薬と違い、家系ラーメンを食べたからといって完全に治るとは限りません。また、風邪をひいたときに家系ラーメンを食べるのであれば 注意が必要なので、次の章で詳しくご説明します。

風邪のときの家系ラーメンには注意点も

スープの飲みすぎは塩分の取りすぎ

スープを全て飲み干すと と、アミノ酸の一種であるグリシンが摂取できますが、同時に塩分を摂り過ぎてしまう心配があります。

家系ラーメンは野菜たっぷりが理想

具材であるほうれん草や海苔は少量なので、風邪に効くとされている成分が十分に摂取できるかは期待できないでしょう。

そのため、ほうれん草と海苔、さらに野菜類の具材を追加することをおすすめします。

風邪対策には「脂少なめ」がおすすめ

風邪で消化機能が低下している状態で家系ラーメンを食べると、脂が多いので胃もたれや消化不良になってしまうかもしれません。

食欲があるようでしたら、食べても大丈夫かもしれませんが 、脂の量は少なめで注文することをおすすめします。

風邪をひいても、食欲があって家系ラーメンが好きなら食べるという選択肢はあります。

ただし、胃腸に負担をかけないよう脂っこいものは控え、高たんぱく、低脂質の栄養バランスのとれた食事をしっかり摂り、十分な休息が大切だということも、忘れないでくださいね。

あなたのスマホが、お薬手帳に!


キーワード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加