病気と健康
EPARK REPORT ロゴ病気と健康

【肩こり】の病気と健康についての記事一覧

その頭痛、寒さが原因かも?気温と頭痛の関係と対策。吐き気も伴う場合は要注意!

頭痛

【執筆・監修】
荒牧竜太郎(荒牧内科院長)

荒牧先生
【経歴】
福岡大学病院
西田厚徳病院
平成10年 埼玉医科大学 卒業
平成10年 福岡大学病院 臨床研修
平成12年 福岡大学病院 呼吸器科入局
平成24年 荒牧内科開業

冬の寒い時期になると、頭痛で悩む人が増えるそうです。
また、中には夏の暑い時期のクーラーの冷えが影響して、頭痛が起こる人もいますよね。
寒いということが頭痛の原因になるのでしょうか?
この記事では、寒さで頭痛が起きるメカニズムとその対策、また、「暑い」「寒い」の温度差と、頭痛の関係性などについても解説しています。

続きを読む

EPARKレポート-病気と健康

肩こりの市販薬の選び方!塗り薬と飲み薬どっち?病院は何科?【医師解説】

肩こり 薬 女性

【執筆・監修】
荒牧竜太郎(荒牧内科院長)

荒牧先生
【経歴】
福岡大学病院
西田厚徳病院
平成10年 埼玉医科大学 卒業
平成10年 福岡大学病院 臨床研修
平成12年 福岡大学病院 呼吸器科入局
平成24年 荒牧内科開業

つらい肩こり。市販薬で解消できたら嬉しいですよね。
そこで、薬局で市販されている肩こり用の塗り薬や飲み薬はどうやって選べばいいのか、お医者さんに解説してもらいました。
症状がひどくて市販薬が効かないとき、病院ではどんな薬を処方してもらえるのかも伺いましたので、ぜひ参考にしてください。

続きを読む

EPARKレポート-病気と健康

【ひどい肩こりが吐き気を起こす】ストレスが原因?病院は何科?

肩こり 吐き気 女性

【執筆・監修】
医学博士 河合隆志(日本整形外科学会専門医)

【経歴】
’97慶應義塾大学理工学部卒業
’99同大学院修士課程修了
’06東京医科大学医学部卒業
’06三楽病院臨床研修医
’08三楽病院整形外科他勤務
’12東京医科歯科大学大学院博士課程修了
’13愛知医科大学学際的痛みセンター勤務
’15米国ペインマネジメント&アンチエイジングセンター他研修
’16フェリシティークリニック名古屋 開設

肩こりがつらいとき、吐き気を伴って余計に苦しくなることがあります。
そんなとき、病院へ行くなら整形外科?それとも内科?
肩こりと吐き気の関係を、原因から解消法まで医師に詳しく伺いました。

続きを読む

EPARKレポート-病気と健康

風邪のときに肩がこる…なぜ?マッサージはNG!早く治す対処法を解説

風邪 肩こり

【執筆・監修】
内科医 岡村信良(医療法人 小田原博信会 久野銀座クリニック)
内科医・岡村信良
【経歴】
平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック

風邪で関節に痛みを感じたり、肩こりの症状が出たりする人がいます。
頭痛など、風邪の諸症状と肩こりが同時にあらわれると、とてもつらいですよね。
そんなとき、マッサージで症状の改善はできるのでしょうか?
今回は、肩こりと風邪の関係や薬の選び方、風邪による肩こりの解消法を伺いました。

続きを読む

EPARKレポート-病気と健康

肩こりは僧帽筋を温めて改善を!却って悪化のケースもあるので注意

肩こり 温める 女性

【執筆・監修】
内科医 岡村信良(医療法人 小田原博信会 久野銀座クリニック)
内科医・岡村信良

【経歴】
平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック

体を温めると肩こり解消の効果が期待できます。
反対に、冷やすと悪化してしまうことが多いようです。
今回は、体のどの場所を温めるといいのか、さらに肩こり改善におすすめのグッズなど、お医者さんに伺いました。

続きを読む

EPARKレポート-病気と健康

胸が痛い!肋間神経痛の症状と治療・予防方法|病院は何科?

肋間神経痛

【執筆・監修】
医学博士 青木厚(青木内科・リハビリテーション科)
青木内科・リハビリテーション科
【経歴】
平成14年に福井医科大学医学部卒業
平成26年に自治医科大学大学院卒業(医学博士)

肋間神経痛という症状は、それ自体が病気ではないと考えられています。では、原因となる症状何でしょうか?背中が痛むことはあるのでしょうか?肋間神経痛の症状や治療方法、薬は必要な場合などについて、専門の先生に伺いました。

続きを読む

EPARKレポート-病気と健康

冷湿布?温湿布?薬剤師が成分から湿布の違いを徹底比較

湿布

【執筆】
廣瀬 安國(薬剤師)

廣瀬安國

【経歴】
薬剤師。広島の大学を卒業後に福岡の調剤薬局に就職。現在は広島市内の調剤薬局にて勤務。ライターとしては2018年10月から活動開始。


湿布は数ある薬の中でも特に身近な存在と言えます。

湿布は打ち身や捻挫などの痛みに使う場合が多く、風邪薬と同じように若い世代の方でも一度は使ったことがあるのではないでしょうか。また、高齢者になると腰痛や肩こりなどの慢性的な痛みが出てくることも多いので老若男女問わずに使われることが多いですよね。

そんな身近な湿布ですが、皆さんは湿布にもいろんな種類があることをご存知ですか?

今回は、湿布に含まれている成分からその違いについて解説していきます。

続きを読む

EPARKレポート-病気と健康

フェルビナク・ジクロフェナク・インドメタシンの違いは?効き目の違いはある?

インドメタシン フェルビナク

【執筆】
澤山 大起 (薬剤師)
澤山 大起

【経歴】
総合病院の門前薬局にて数年勤務。その後、心療内科の門前薬局にて約10年勤務。会社として在宅医療に積極的に関わっており、地域医療の貢献に尽力しています。


性別に関わらず、多くの方に馴染みのある薬の1つに湿布薬があります。毎日のようにテレビCMで見る湿布薬は、病院に行かなくても必要な時に薬局やドラックストアで簡単に購入できるため身近に感じる薬なのではないでしょうか。
そんな湿布ですが、製品によって含まれている主成分の種類に違いがあります。成分が違うわけですから当然働きにも違いが出てきます。
この記事では、現在市販薬として販売されている湿布に使われている代表的な成分の違いと、使用する上での注意点などを紹介します。

続きを読む

EPARKレポート-病気と健康

「湿布かぶれ」の原因は何?かぶれ対策・湿布の貼り方について

湿布かぶれTOP画像

【執筆】
中西真理(薬剤師)

中西真理_プロフィール
【経歴】
公立大学薬学部卒。博士前期課程修了。薬学修士。 医薬品卸の学術にて一般およびコメディカル向けの情報作成に従事。その後、調剤薬局に勤務。


ちょっとした筋肉痛や腰痛・肩こりなどに気軽に使える湿布は、常備しておきたい医薬品の一つといえます。しかし一方で、「湿布を使うとかぶれてしまう」という悩みを訴える方も少なくありません。

そこで今回は、湿布かぶれの原因や対処法、使用時の注意点から医療機関受診のタイミングまでていねいに解説します。薬剤師おすすめの湿布の紹介もありますので、ぜひ参考にしてみてください。

続きを読む

EPARKレポート-病気と健康

頭を支えづらくなる首下がり症候群~肩こりの症状だと思っていたら…

【執筆・監修】
医学博士 河合隆志(日本整形外科学会専門医)

【経歴】
’97慶應義塾大学理工学部卒業
’99同大学院修士課程修了
’06東京医科大学医学部卒業
’06三楽病院臨床研修医
’08三楽病院整形外科他勤務
’12東京医科歯科大学大学院博士課程修了
’13愛知医科大学学際的痛みセンター勤務
’15米国ペインマネジメント&アンチエイジングセンター他研修
’16フェリシティークリニック名古屋 開設

続きを読む

EPARKレポート-病気と健康

激痛で夜中に眠れない…五十肩(肩関節周囲炎)の主な治療方法は?

五十肩(肩関節周囲炎)とは?自然に治る?

【執筆・監修】
医学博士 河合隆志(日本整形外科学会専門医)

【経歴】
’97慶應義塾大学理工学部卒業
’99同大学院修士課程修了
’06東京医科大学医学部卒業
’06三楽病院臨床研修医
’08三楽病院整形外科他勤務
’12東京医科歯科大学大学院博士課程修了
’13愛知医科大学学際的痛みセンター勤務
’15米国ペインマネジメント&アンチエイジングセンター他研修
’16フェリシティークリニック名古屋 開設

 

中年の人がなりやすい五十肩。40代を過ぎて、肩が痛く、動かしにくくなったら、その可能性があります。
五十肩はだれでも起こりうる病気ですが、「そのうち良くなる」と見逃しておくのはよくありません。

今回は、肩関節周囲炎のしくみや、見逃してはいけない理由、関連する病気、治療法などを解説します。
40代以降の方、あるいは近づいている方は、ぜひ参考にしてください。

続きを読む

EPARKレポート-病気と健康

脳に原因があることも!腰痛が長引いたら、放置しないで病院へ!

ついに念願のゴルフへ再デビュー!整形外科ちょっとイイ話&悪い話

【執筆・監修】
医学博士 河合隆志(日本整形外科学会専門医)

【経歴】
’97慶應義塾大学理工学部卒業
’99同大学院修士課程修了
’06東京医科大学医学部卒業
’06三楽病院臨床研修医
’08三楽病院整形外科他勤務
’12東京医科歯科大学大学院博士課程修了
’13愛知医科大学学際的痛みセンター勤務
’15米国ペインマネジメント&アンチエイジングセンター他研修
’16フェリシティークリニック名古屋 開設

整形外科というと、骨折・ねんざといった一時的な外傷による病気が多いと思われがちですが、実際にはリウマチや関節症、腰椎症などの慢性疾患の方が多くいます。

続きを読む

EPARKレポート-病気と健康

超カンタン!医者も自分で実践しているスッキリ肩こり改善法

超カンタン!医者も自分で実践しているスッキリ肩こり改善法

【執筆・監修】
医学博士 河合隆志(日本整形外科学会専門医)

【経歴】

’97慶應義塾大学理工学部卒業
’99同大学院修士課程修了
’06東京医科大学医学部卒業
’06三楽病院臨床研修医
’08三楽病院整形外科他勤務
’12東京医科歯科大学大学院博士課程修了
’13愛知医科大学学際的痛みセンター勤務
’15米国ペインマネジメント&アンチエイジングセンター他研修
’16フェリシティークリニック名古屋 開設

集中してパソコン作業をしたりスマホを見ていると、つい猫背になり、いつの間にか肩がパンパン、首まで固くなり悩んでいるという経験はありませんか?
肩こりで悩む人は非常に多く、厚生労働省より発表されている国民生活基礎調査では、日常生活の中で感じるさまざまな症状のうち「肩こり」が男性では2位、女性では1位にくるほどです。

肩こりが原因で、頭痛や身体のさまざまな不調を感じることもあり、放置しておくと心身ともにつらい日々を過ごしかねません。
日本人が多く抱える肩こりを少しでも和らげるために、継続しやすく肩こり改善効果が期待されることがあれば、取り入れてみたいと思いませんか?
今回は、肩こりケアのために実践しやすい方法をご紹介します。
続きを読む

EPARKレポート-病気と健康