病気と健康
EPARK REPORT ロゴ病気と健康

【睡眠障害】の病気と健康についての記事一覧

医師監修|金縛りの本当の原因。霊や黒い影の正体は?息苦しいのはなぜ?

睡眠

【執筆・監修】
内科医 岡村信良(医療法人 小田原博信会 久野銀座クリニック)
内科医・岡村信良
【経歴】
平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック

金縛りの本当の原因は!?
睡眠中に金縛りになり、息苦しい・耳鳴りがする・声が出ない…といった経験がある人も多いでしょう。
中には「黒い影が見えた」など、ちょっと怖い話も。
幽霊の仕業…という説もありますが、金縛りは医学的に解明されているようです。
この記事では、そんな疑問点が多い金縛りについて解説します。

続きを読む

EPARKレポート-病気と健康

なぜ?冬は眠い…だるい…起きられない。対策は朝と夜の「あの習慣」

眠い

【執筆・監修】
荒牧竜太郎(荒牧内科院長)

荒牧先生
【経歴】
福岡大学病院
西田厚徳病院
平成10年 埼玉医科大学 卒業
平成10年 福岡大学病院 臨床研修
平成12年 福岡大学病院 呼吸器科入局
平成24年 荒牧内科開業

冬はどれだけ寝ても眠い…。
朝起きられない上に、何だかだるいし疲れやすい。そんな経験はありませんか?
仕事中に眠くなってしまい、困っている人も多いと思います。
この記事では、冬に眠くなる原因とその対策、隠れた病気の可能性など、医師が詳しく解説します。

続きを読む

EPARKレポート-病気と健康

特発性過眠症|チェックシートで診断!ナルコレプシーとの違いや治し方

特発性過眠症

【執筆・監修】
信田広晶
医療法人社団心癒会 しのだの森ホスピタル 
理事長・院長

得意分野 心療内科・精神科  「うつ」「自然治癒」
昭和61年 青山学院大学文学部教育学科心理学専修コース卒、平成6年東邦大学医学部卒、東京女子医大精神神経科入局などを経て、平成11年信田病院(現しのだの森ホスピタル)入職。現在しのだの森ホスピタル理事長兼院長を務める。

 

特発性過眠症という病気をご存知ですか?日中に耐えられないほどの眠気があり、仕事や勉強に影響が出ている方は、この病気の可能性があります。
こちらの記事では、特発性過眠症の症状や治療法、対策をご紹介しています。
「もしかして特発性過眠症なのでは?」と心配な方は、チェックシートを使ってみてください。
続きを読む

EPARKレポート-病気と健康

秋になると眠い理由は?季節の変わり目の体調不良の原因と改善方法

秋眠い

【執筆・監修】
荒牧竜太郎(荒牧内科院長)
荒牧先生
【経歴】
福岡大学病院
西田厚徳病院
平成10年 埼玉医科大学 卒業
平成10年 福岡大学病院 臨床研修
平成12年 福岡大学病院 呼吸器科入局
平成24年 荒牧内科開業

秋になると眠い、だるい、といった症状があらわれるのはなぜなのか、お医者さんに聞いてみました。
季節の変わり目の体調不良には理由があります。
眠気やだるさの原因を知って、季節の変わり目の体調不良を乗り切りましょう。
続きを読む

EPARKレポート-病気と健康

眠い病気?不眠症じゃない、「過眠症」の正体とは?

十分眠っているのに眠い!不眠症じゃない、「過眠症」の正体とは?

【執筆・監修】
内科医 岡村信良(医療法人 小田原博信会 久野銀座クリニック)
内科医・岡村信良
【経歴】
平塚共済病院 小田原銀座クリニック 久野銀座クリニック

過眠症は“寝すぎる病気”、ではありません。
最近では、「睡眠負債」という言葉が話題になったこともあり、睡眠の質を考える方も増えてきました。
つまり、不眠も問題ですが、過眠も問題なのです。
さっそく見ていきましょう。

続きを読む

EPARKレポート-病気と健康

【いびき対策!】いびきをかくのは熟睡している証拠?

【執筆・監修】
荒牧竜太郎(荒牧内科院長)

荒牧先生
【経歴】
福岡大学病院
西田厚徳病院
平成10年 埼玉医科大学 卒業
平成10年 福岡大学病院 臨床研修
平成12年 福岡大学病院 呼吸器科入局
平成24年 荒牧内科開業

あなたはいびきをかきますか? よく「いびきをかくのは熟睡している証拠」と言う人がいますが、医学的にはどうなのでしょう? 実は、いびきをかく人ほど、睡眠がぐっすりととれていないことが、多いのです。 そればかりか、睡眠時無呼吸症候群(以下SAS)や、慢性疾患などを引き起こす可能性さえ、指摘されています。 続きを読む

EPARKレポート-病気と健康

うるさいいびきを止める方法。睡眠時無呼吸症候群の治療法も|医師監修

【執筆・監修】
荒牧竜太郎(荒牧内科院長)
【経歴】
福岡大学病院
西田厚徳病院
平成10年 埼玉医科大学 卒業
平成10年 福岡大学病院 臨床研修
平成12年 福岡大学病院 呼吸器科入局
平成24年 荒牧内科開業

無呼吸症(睡眠時無呼吸症候群/SAS)は、珍しい病気ではありません。
日本では、潜在患者が200万人以上もいるといわれていますが、その治療を受けているという人はごくわずかです。
睡眠は、起きている間に活動した身体や脳が休むための貴重な時間です。
しかし、無呼吸症により睡眠障害が生じてしまうと、十分な睡眠をとれず、休ませるどころか逆に身体や脳に負担をかけてしまいます。

続きを読む

EPARKレポート-病気と健康

【薬剤師監修】睡眠薬の種類と副作用を知って、心地よい眠りへ

あなたも不眠を抱えていませんか?症状に合わせて医師がお答えまします

執筆・監修
薬剤師 石上和子
静岡薬科大学出身、現在管理薬剤師として関東の薬局でご活躍中

今、国内では約5人に1人が睡眠問題に悩んでいます。睡眠薬を服用している患者も増え、もはや睡眠障害は現代病のひとつといえるでしょう。あなたも、

「なぜか仕事や家事で疲れているのに眠れない…」

「寝ているはずなのに眠った感じがしない」

「ストレスが多すぎてなかなか寝つけない」

など、「眠れない不安」を抱えていませんか?

続きを読む

EPARKレポート-病気と健康