病気と健康
EPARK REPORT ロゴ病気と健康

ゲップが止まらない!過度のゲップは病気?原因・対処法を医師が解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
EPARKレポート-病気と健康

【執筆・監修】
荒牧竜太郎(荒牧内科院長)
【経歴】
福岡大学病院
西田厚徳病院
平成10年 埼玉医科大学 卒業
平成10年 福岡大学病院 臨床研修
平成12年 福岡大学病院 呼吸器科入局
平成24年 荒牧内科開業

 

人前で思わずゲップが出て、恥ずかしい思いをしたという経験はありませんか?
一般的に人前でのゲップはマナー違反とされているので、出そうだったけれど我慢した…という人も多いのでは?
ゲップが出るのは当たり前だから、「気にしない」という人もいると思いますが、ゲップが出る背景には、重大な病気が潜んでいる場合があります。

あなたのスマホが、お薬手帳に!

口から出るとゲップ、お尻から出るとおなら

ゲップの正体は、食事の際に、食べ物と一緒に飲み込んだ空気です。
食べ物と一緒に飲み込んだ空気は、胃や腸に向かいます。
胃に入った空気が、腸に向かわず、逆戻りして、口から出たものがゲップです。
胃を通過して、腸内で発生したガスと一緒になり、お尻から出るものがおならです

ふつう、胃の内容物は、食道へ逆流しません。
胃の手前にある、下部食道括約筋という筋肉が、内容物の逆流を防いでいるからです。
しかし、下部食道括約筋の働きがにぶくなったり、ゆるくなったりすると、逆流することがあります。

また、胃の運動・腹腔(ふくくう)内圧の亢進(※)や、胃の内容物の停滞なども、逆流の一因となると考えられています。

※亢進(こうしん):機能が高まること

炭酸水を飲むとゲップが出るのはなぜ?

炭酸飲料を飲むと、胃の中で炭酸と胃液が化学反応を起こして、二酸化炭素が充満します。
このような状態になると、ゲップも出やすくなります。

体質や飲み方などによっては、ゲップが出にくい人もいます。
また、ゲップとして口から出すことは少なくても、飲み込んだ空気を、おならとして、おしりから出しているケースもあります。

女性の方がゲップは出やすい…?

ゲップは、次のような原因で、出やすくなります。

  • 脂肪分を多く含む物・香辛料の取り過ぎている人
  • 早食い
  • 食べ過ぎなど

どちらかというと、男性の方が出やすい傾向にあるように思われますが、おのおのの体質にもよるため、一概には言えません。
しかし、かみしめ呑気(どんき)症候群(※)は、男女比が1:4で、女性のほうがずっと多いとされています。

※かみしめ呑気症候群:奥歯を食いしばることが多いと唾液がたまり、その唾液を飲み込む時に空気も一緒に飲み込み、ゲップが多くなる疾病

ゲップがよく出る6つの疾患

逆流性食道炎

  • 暴飲暴食
  • ストレス
  • 運動不足など

これらが原因で、胃酸の逆流を防ぐ機能に支障が生じ、食道へ胃酸が逆流すると起きます。

呑気症、空気嚥下症

唾液と一緒に空気を飲み込む量が増え、ゲップや腹部膨満感が起こる疾患です。
ストレスなど、精神的な要素が原因で、起こることが多くあります。

食道裂孔ヘルニア

横隔膜(胸部と腹部の間にある筋肉の膜)には、食道・大動脈・大静脈が通る穴が空いています。
食道が通る穴を「食道裂孔」と言いますが、そこから胃の一部が上の胸部に脱出している状態です。

胃潰瘍、十二指腸潰瘍

胃や十二指腸粘膜に、潰瘍ができる疾患です。
胃酸を含む、酸っぱい臭いを伴うゲップが出ます。

  • 胃酸過多
  • ピロリ菌
  • 非ステロイド性抗炎症薬など

これらが原因で発症します。

慢性胃炎

胃粘膜に慢性の炎症が生じる疾患です。

胃がん

胃粘膜が侵される上皮性悪性腫瘍で、日本人では、肺がんや大腸がんなどに次いで亡くなる率が高いがんです。
胃がんは、自覚症状が無いケースも多いため、要注意です。

発症すると、胃と腸を結ぶ通路が狭まり、空気や食べ物が腸へ送られにくくなります。
そうすると、胃内圧が上昇し、ゲップが出やすい状態になります。

ご紹介した病気の他にも、次のような疾病が考えられます。

  • 機能性ディスペプシア
  • 小腸内細菌過増殖症
  • 過敏性腸症候群
  • 乳糖不耐症など

ゲップを止めるコツはあるの?

①胸を張って、顎を引くと、一時的ですが、ゲップを止められます。
②食事の2時間後くらいに、床でゴロゴロ転がると、胃内の空気が出やすくなり、思わぬゲップを防ぐことができます。

治療が必要な時は内科・消化器科へ

原因によって、治療法はさまざまあります。
そのため、担当医と協力して、ゲップが続くときは原因を調べてもらい、症状に適した治療法を行いましょう。
何科を受診したらよいか、迷う場合には、まず内科・消化器科を受診し、胃・腸・食道などに、異常がないかを検査しましょう。

病気が潜んでいる可能性があるゲップには、次のような症状を伴う場合があります。

  • ゲップが長期にわたり頻回になる
  • 胸焼け
  • 吐き気
  • 胃痛・胃もたれなど

このような症状が続く場合には、我慢せずに、早めに医療機関を受診して、検査をしましょう。

【参考文献】
消化管(食道・胃・腸)の症状と病気-アステラス製薬株式会社HP
https://www.astellas.com/jp/health/healthcare/sp/digestive/

薬局で、待たずにお薬を受け取れます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加