カサネオ特集特集

TOPICS

全国の百貨店で人気のブランド「アンリ・シャルパンティエ」「C3」
を運営する、
シュゼットグループがミルクレープ専門ブランドとし展開します。
専門ブランドなのでもちろんケーキはミルクレープのみ。
徹底した味へのこだわりを提供しています。

実はミルクレープは日本生まれ。
カサネオの関根シェフが1988年、当時流行っていた「クレープ」をミルフィーユやラザニアのように重ねることで誕生しました。
今ではミルクレープは世界に誇れるスイーツに。
生みの親が作り出す「本物」の味わいを堪能ください。

  • クレープは極限まで薄く

    カサネオのミルクレープの「しっとりとした食感」と「生地を感じられる食感」を生み出すために欠かせないのが、向こうが透けるぐらい薄く焼き上げたクレープです。極限まで薄く、そしてしっかり水分を飛ばすという、相反する状態を実現するために必要なのが、繊細な火加減の調整です。
    それを実現するために専用の機械を導入。
    常に最高の品質のクレープを焼き上げることが可能になりました。

  • カスタードの鮮度を求めて

    カサネオのミルクレープに使用しているクリームは、自家製カスタードと生クリームをブレンドしたオリジナルクリームを使用しています。味の決め手は、自家製のカスタードクリームにあります。
    原材料である卵へのこだわりはもちろんのこと、何より大切にしているのがその「鮮度」です。だから、毎朝毎朝、その日に必要な分だけカスタードを作っています。

  • 素材の良さを際立たせる「重ね」の工程

    向こうが透ける薄いクレープと、鮮度にこだわったオリジナルクリーム。その2つの材料の長所を最大限に引き出すのが「重ね」の工程です。クリームは時間の経過とともに「だれて」口当たりが悪くなります。素早く塗り重ねる必要があります。一方で薄いクレープは、乱暴に扱うと簡単に破けてしまいます。また、正確に重ねていかないと美しい形に仕上がりません。
    このように素早さと正確さと丁寧さといった、反する3つの技術で「重ね」の工程は成り立っています。

  • 最後の仕上げまでおいしさを追求

    最後に、焼きごてでキャラメリゼを施して完成です。
    キャラメリゼされた部分から感じる、ほのかな苦みが、ミルクレープの甘さを際立てます。
    最後の仕上げまで、「本物」のおいしさを追い求めます。

予約できる商品

ミルクレープ はじまり

サイズ:4号・5号

2,268円(税込)

原点としてのシンプルなミルクレープ。色味と味のアクセントとして天面をキャラメリゼしています。

ミルクレープ はじまり ミルクレープ はじまり

予約できる店舗一覧
  • casaneo 新宿小田急店

    東京都新宿区西新宿1-1-3
    新宿小田急店地下2階

    【営業時間】
    10:00 ~ 20:30
    ※日曜・祝日は10:00~20:00
    ※営業時間は百貨店に準じます。

    ご予約はこちら
  • casaneo 池袋東武店

    東京都豊島区西池袋1-1-25
    本館地下一階四番地

    【営業時間】
    10:00 ~ 21:00
    ※日曜・祝日は10:00~20:00
    ※営業時間は百貨店に準じます。

    ご予約はこちら
  • casaneo 梅田阪急店

    大阪府大阪市北区角田町8-7
    阪急うめだ本店地下1階

    【営業時間】
    日~木曜日:10:00 ~ 20:00 /
    金・土曜日:10:00 ~ 21:00
    ※営業時間は変更となる場合がございます。
    ※営業時間は百貨店に準じます。

    ご予約はこちら