cocoyuco

『東京サマーランド』アクセス方法!車の行き方もおすすめ

公開日:2019-06-28 | 更新日:2020-03-27
『東京サマーランド』アクセス方法!車の行き方もおすすめ

~ お知らせ ~
厚生労働省より発表されました新型コロナウイルス感染症対策の基本方針により、レジャー施設では臨時休業などの対応が実施されています。
記事掲載の施設を訪れる際は、公式サイトにて最新の状況をご確認いただきますようお願い申し上げます。

東京都あきる野市にある『東京サマーランド』は通年プールで遊べる水のテーマパーク!日本最大級の流れるプールや多彩なウォーターアトラクションが楽しめるプールエリアをはじめ、メリーゴーランドや観覧車が集まった屋外遊園地エリアなど一日中思う存分遊ぶことができます。今回はサマーランドまでのアクセス方法・行きかたをご紹介していきます。

地域のお出かけスポットがお得になる
EPARK限定チケットをご紹介します!

EPARKおでかけ - クーポン一覧

車での行きかたがおすすめ!東京サマーランドへのアクセス方法

 

クルマでの来場が可能であれば、クルマが絶対におすすめです。

水着やタオルなどの荷物が多いことや、駅からの路線バスの本数が平日は1時間に1本、休日は1時間に2本と少ないので、特に小さなお子様連れのご家族はマイカー、レンタカーまたはシェアカーなどをご利用してみてはいかがでしょうか?

車を利用した場合

クルマをご利用の場合、圏央道が開通して、ますます交通の便がよくなりました。

神奈川県西部(大井松田IC)からの出発で、約1時間で到着。

 

あきる野インターを降りると、すぐに「東京サマーランド」の看板と観覧車が目に入ります。看板から約5分で、プールや遊園地に一番近い「第一駐車場」があります。

 

・中央道八王子インターより国道16号線を経由し、新滝山街道を利用して、約8㎞。
・圏央道あきる野インターより滝山街道(国道411号線)を利用して、約0.5㎞。

各ICの場所はこちらからご確認ください。

駐車場

トップシーズンには、開園前でも渋滞が激しいと言われる駐車場。今回は混むこともなく第1駐車場に駐車することができました。

 

シーズンオフの平日は、本当におすすめです。駐車料金は1台1,500円/日です。

入り口から離れた、第2駐車場を利用の場合には、東京サマーランドと駐車場を結ぶシャトルバスが運行しています。

「わんダフルネイチャービレッジ」をご利用の方は、第2駐車場をご利用ください。

 

電車の場合

【JRを利用する場合】

JR「八王子」駅を利用した場合、北口6番か12番のりばから「東京サマーランド行」路線バスに乗って約30分。

JR「秋川」駅を利用した場合、北口2番のりばから「東京サマーランド行」路線バスに乗り、約10分。またはタクシー利用の場合は、約5分。

【乗車料金】
秋川駅からは、大人200円、小人100円。
八王子駅からは、大人500円、小人250円です。

【京王線を利用する場合】

・京王新宿駅から京王線「特急」を利用して、約35分。

「京王八王子」駅下車。中央口3番か4番のりばから「東京サマーランド行」路線バスに乗り、約35分。

【乗車料金】
京王八王子駅からは、大人500円、小人250円。

 

冬場の路線バスは、平日が1時間に1本、休日が1時間に2本程度になります。

まず到着したら、帰りのバスの時刻表をチェックしてから、入園しましょう。
※トップシーズンの夏場は路線バスの本数が大幅に増えます。
期間によって本数は変動はするので詳しくは公式サイトから確認してください。
https://www.summerland.co.jp/access/

 
 
※掲載されている情報は、執筆時点の情報のため、
詳細は公式HPをご確認ください。

ランキング ランキング

※アクセス数をもとにランキングを表示しています。